スマホ版に切り替え

HOME -> 寸止め・焦らし

決して女性を差別するつもりはありませんが、女性の言いなりになるのは、基本的に気分が良くありません。 ただし風俗に限って言えば、これを大歓迎する私がいます。 その喜びを教えてくれたのは、名古屋にある風俗性感店でした。


エッチなマッサージを楽しもうと思って利用したのですが、そのお店で働く女性は、全て痴女ばかりだったのです。 それでもエッチが大好きな女性という事ですから、かえって喜ばしいとさえ思ったのです。 しかし一枚も二枚も上手な痴女の男の責め方は、私のような若輩者では、まるで歯が立ちませんでした。


終始リードされた中で受けるプレイの数々は、ただみを委ねてさえいればいいという安心感があります。 しかし身を委ねる事は、気持ちよさの度合いさえ、女性にコントロールされてしまう事になります。 特に寸止め・焦らしという行為は、この勢いでいってしまいたいという私の気持ちを何度もへし折ってくれました。 ただ不思議な物で、寸止め・焦らしが何度も繰り返されると、いつの間にか女性に従順になってしまうのです。 彼女のお許しが出ない限りいってはいけない、そしてお許しが出た時の安堵感、開放感はこれ以上ないほどの絶頂へと導いてくれて、最高の気持ち良さをもたらしてくれます。 こんなプレイを好きなのは私だけでしょうか? 皆さんにも一度試していただき、その感想を聞かせて欲しいところです。

風俗遊びでお金を払っているのにもかかわらず、主導権が女性にあり、弄ばれるのが大好きという事であれば、そうしたプレイを専門、得意としているお店に行くべきでしょう。 そういったプレイを希望するということは、おそらくあなたはMなはずです。 その程度までは分かりませんが、自分がどれだけMであるかを知る為にも、本物のSの女性の手ほどきを受けてみると良いと思います。


こうした条件で風俗を利用するということであれば、錦におすすめがあります。 特に受けていただきたいプレイは、寸止め、焦らしプレイです。 女性にこれをされた時、どのような感情が湧いてくるのか、それを経てフィニッシュを迎えた際に、これまで以上の達成感があったのか等をチェックすれば、そのプレイが合っているのか、好きなのかが分かるはずです。


女性によるテコキで、おそらく気分が高まってきた時には、素直にそのまま放出したいと思うはずです。 しかし、それを邪魔する女性、あえて手を止め、なぜいかせてくれない、と切ない顔をする男の表情を見ても、むしろその反応を面白がって、また同じ行動を繰り返すのです。 そんな風に寸止め、焦らしが延々に続くと、一生いくことができない、とまで男は思ってしまうのです。 そんな絶望感が最高潮になったところで、お許しを得て射精まで導いてもらう、この感情の浮き沈みの激しさは、他にはないものでしょう。 すんなり射精出来るのもいいですが、我慢した後の射精を経験してみてから、どちらがいいか判断してみてください。

ペニスに刺激を受ける事で、男は勃起します。 勃起後、継続的な快感を受け続けると、やがて強いオーガニズムに達し、射精します。 精液を排出する瞬間は男にとって、最高の時間になります。 ただ、単純に早く出せば良い、というものではありません。


若い時は射精するだけで強い満足感を体験出来ますが、成人男子として成熟してゆくと、単純に女性から刺激を受けて精液を出すだけでは、退屈になっていきます。 性的な満足度はスピードによって生まれません。 射精そのものも大変気持ち良い瞬間ですが、その直前、ギリギリをさまようレベルが実は男性にとって、もっとも快感を感じる時間になります。


寸止めプレイは、その瞬間を長く味わう事が出来ます。 焦らしや寸止めを数回くり返すことで、最高のオーガニズムを味わえます。 普通にシゴかれて出すよりも、何度も何度も、寸止めされてから、一気に精液をドバっと排出した方が、快感は数倍増します。 プロの女性はそのタイミングをよく心得ていて、男性が果てるギリギリで、根本を握ったり、ペニスから手を離す等、うまーく快感を倍加させるテクニックを熟知しています。

M性感などのお店でプレイを楽しむとき、焦らしをしてもらうと気分的に盛り上がります。 イキそうになったとき、女性にダメと甘く囁かれ、完全にコントロールされているときがM男にとってはたまらないのです。 そして、このときに行われるテクニックが寸止めですが、最近ではアブノーマルとは言えないほど風俗界では広く行われています。


ちなみに寸止めとは射精しそうになるまでペニスを刺激し続け、直前で止めてしまう行為を言います。 これがあまりに長く続くと、発狂しそうなほど身もだえしてしまいますが、適度に焦らしてもらえれば、我慢した分イク瞬間の快感度を普段以上に増幅することができるのでオススメです。


もちろん、焦らしや寸止めはノーマルな方でも十分楽しめます。 2から3回程度の我慢であれば、どんな方でも耐えられると思うので、風俗店で遊ぶ機会があったら試してみるのもいいでしょう。 また、言葉責めを加えると相乗効果でより楽しめますから、こちらもオススメです。

舌をちろちろとペニスに這わせるだけのプレイや、ひたすら全身を舐めるだけのプレイなど、今のソフトSMと呼ばれる分野は焦らしと寸止めのオンパレードです。 お客である男性は基本的に気持ちよくなることを目的にしているので、あまりにも弱い刺激が続くと切なさがつのってきます。 風俗嬢はそこを突き、限界に達する所でペニスを刺激してくれるのです。


ドライオーガズムなど新しい形の達し方が主流の現在、焦らしと寸止めは男の潮吹きには欠かせないテクニックになりました。 これはSMでいう所の、女王様の命令なしにはイッてはいけないルールでもあり、ある意味お客と風俗嬢の間には上下関係が存在しています。 それは、もどかしさの中にも隠れた快感があるので、お客はそこに魅せられるのです。


どれだけ我慢すれば一番気持ちよくなれるか、風俗嬢はそこのさじ加減を知っています。 確かに我慢すればするほどおしっこなどは快感が増しますが、射精の場合は限界ぎりぎりまで我慢するとすごいことになります。 それは、ネットなどで見るとわかるでしょう。

地獄の責めにも耐えてみせると豪語する人も、風俗嬢の手管の前にたじたじになります。 ソフトなSMなど、いろいろなサービスが増えた現在、特に有名なのが亀頭責めです。 これは、ペニスの先端を舌やローション、羽のような軽いもので弱い刺激を続け、ひたすら執拗にいじるプレイで、かなりきます。 ただ、射精にいたるまで激しい刺激を与えるわけではありません。


長くイケない状態が続くと、男性はもどかしさで狂いそうになります。 私もその経験があるので、亀頭責めと聞くとその時の気持ちを思い出すのです。 これに関しては好き好きがありますが、私は少なくとも好きな部類に入ります。 ただ、あまりにじらされすぎると、逆になえてしまうので、女の子もその辺は注意しているようです。


フェラチオのうまさはイク速さだと昔は言われていましたが、今はペニスへの刺激をどれだけ長く続けつつ、長持ちさせるかが鍵になりました。 理由は、男の潮吹きのように強烈な快感をもたらすのは、射精を我慢することだと誰もが理解したからです。

男性の体は上手くできていて、射精するまで性欲の固まりのような男性でも射精をしてしまえば急速に性感は失われ醒めるようになっています。 これは、大昔、子作りとしてのセックスが終われば、冷静さを取戻して外敵から自分や女性を守るように男性としての本能に組み込まれているのだと思います。


逆に言えば射精をしなければ、性欲や性感は損なわれずに性欲は持続したままです。 精液を放出する時の快感はわずか数秒、風俗で大金を使うのに一番気持ちのいい瞬間が数秒で終わってしまうのは何とも勿体ない話です。 そこで最近のM性感風俗は、逝きそうで逝かせない、出しそうで出させないというのを売りにしています。


これが寸止め・焦らしのサービスで亀頭責めに使われています。 もう出てしまうというくらい性感が高まったところで止められてしまうということは、気持ちのいい状態が長い時間続くと言うことです。 これは男性にとってお金を払う甲斐があるというもの、M性感店が男性に人気の理由の一つになります。

性欲といえば三大欲求の一つでもあり、人間の本能ともいえます。 セックスをするときに理性的にことを進めていくのは難しいですが、相手を気持ちよくさせるためには理性をある程度保たなければいけません。 乳首や性器への愛撫もすぐに始めてしまってはもったいないです。


刺激が大きいところへすぐにいってしまうと、期待感がなくなってしまうからです。 まずは、首筋や乳首の周りといった刺激に鈍感な部分から責めるようにしましょう。 これjはある程度の理性がないと出来ないため、男性は理性的に愛撫を行いましょう。 そのためにも服は着ていたほうがいいです。


焦らし・寸止めのテクニックをマスターすればいつもより数倍の快感を得ることが出来ます。 これは、女性だけでなく男性にもつかえる技なのです。 射精をしそうだけど、させなかったり思っているところをあえて触らないというテクニックです。 焦らし・寸止めを専門的に行っている風俗もあるので、気になる人はチャレンジしてみましょう。

この前出張に行ったのですが、せっかくなので夜の街を楽しもうとインターネットで色々と情報を調べて名古屋の寸止め・焦らしに提供のあるというお店を利用しました。


この手のお店で重要なのは女の子のテクニックで、客という他人の状況を見極めてどのくらいで止めるのか、どのくらい焦らすのかという駆け引きが大切です。


このため、客のことを考えられないような女の子の場合は寸止めに失敗して早々と射精してしまうということもあるのです。


そのような意味では通常の風俗よりも扱いが難しいジャンルということがいえるでしょう。


そのため店で働く女性はこのジャンルに精通したプロフェッショナルでなければならないのです。


その点はしっかりと選んだので安心することができ、実際に利用してみると見事な寸止め・焦らしテクニックを味わうことができました。


この手のお店で質の高いサービスを利用することができれば、通常の風俗では決して味わえないような快感を味わえるのは間違いないです。