スマホ版に切り替え

HOME -> ボンテージ

SMというと、女性はボンテージを着用し、男に痛みを与えることで快感を味わわせるというイメージがあります。 女性にされるがままになるSMにちょっと興味はあるというマゾっ気を持つ男性でも、やっぱりイタイのはイヤというのが本音のところなのではないでしょうか。 それなら名古屋にあるソフトSMのM性感がぴったりです。


この店で行うM性感マッサージは女性が主導になって責めるものの、男性に苦痛からの快感を味わってもらうものではなく、ちょっとエッチ、ちょっとマニアックというフェチズムの醍醐味を感じてもらうことにあると考えています。 そのため、SMプレイを象徴するボンテージは着用せず、あくまでも魅惑的なランジェリー姿でサービスしてくれるのです。


女性に主導権を握られて快感に導かれるというのは、それまで経験したことのない男にとってマゾヒズムをくすぐられるものです。 それには痛みは必要なく、ボンテージでなくても十分Mっ気を堪能させてくれる名古屋のM性感マッサージが最適といえます。

名古屋に行った時のことです。 仕事を早く終えて外食をし、ホテルで暇を持て余していました。 少し性欲が溜まっていたので風俗を利用することにし、携帯でお店をチェックしました。 良い感じのデリヘルがたくさん出てきます。 その中で、ソフトSMプレイが出来るお店を選びました。


少し経って到着のコールが鳴ります。 ドアを開けるとスレンダーで巨乳の美女が立っていました。 さっそくプレイの準備に取り掛かり、彼女にはボンテージ姿になってもらいました。 スラっとしているのでボンテージ姿がよく似合います。


ベッドでプレイが始まり、目隠しをされてソフトに責められました。 言葉責めを交えてじわじわ責めてきます。 目隠しをされているのでゾクゾクしてしまいました。 ペニスは常に勃起状態で、美脚で刺激もされました。 最後は彼女の性器を顔面騎乗の状態で舐めながら手コキで射精をしました。 初めてソフトSMプレイをしましたが、かなり興奮することが出来て良かったです。

そのコスチュームを着用しているだけで、女性の身体の隅々までサディスティックに見えてくるのが、名古屋の風俗が用意するボンテージの凄さです。 自分が特に興奮できたのは、女性のカカト部分がサディスティックに見えるという点で、そのカカトを使った睾丸責めや亀頭責めを行ってもらいたくなります。


そういうリクエストにも女性が応じてくれるのですが、その際にはSMプレイらしさを残すために、こちらを言葉で責めたてながらプレイを始めてくれました。 しかしプレイ内容としては、細かいところまで私のリクエスト通りに行ってくれるなど、サービスの良さにも満足させてもらえます。


女性のカカトが私の睾丸に触れるたびに、もしカカトで睾丸を蹴られたら、どれぐらいの痛みが生じてしまうのかとドキドキしていました。 そういう妄想も楽しみながら、睾丸や亀頭責めを受けるというのが、このボンテージの活かし方だと私は考えています。 爪先まで綺麗な女性の足だからこそ、こういうプレイスタイルも楽しみやすかったです。

私は名古屋に仕事で行った時に、デリヘルで風俗遊びをしたことがあります。 会社に日帰りのはずだったのですが、疲れたこともあり早退という形をとりビジネスホテルに宿泊したのです。 そんな時に、デリヘルをお願いして性欲を解消しようと思いデリヘル業界では、有名なグループを発見してお願いしました。


私が指名した女性は、黒髪でスレンダーな女性で気が少し強い感じの女性です。 ボンテージ姿もとても似合っていて、M体質の私としてはとても興奮してしまいました。 そしてプレイも激しく責めたり、優しく責めたりと強弱の付け方が上手くてかなり満足しました。


そして手コキをされながら隠語を聞かされて、射精した後には何発も潮吹きをしてしまいました。 この女性は昔はSMクラブで働いていて経歴があって、最近の男性を見てSMクラブではなく性感風俗の方が、今のM体質の男あってると思い移籍してきたそうです。 アナル責めや、唾液を滴ながらの手コキがどおりで上手いと思いました。

女性の裸体は、男にとって最高に興奮できるおかずですが、衣装を身に着けた姿も、裸体以上に興奮をもたらしてくれます。 ただし、ここで一つだけ注意したいことは、その女性に似合っている衣装で無いと、興奮要素が半減、最悪はそれ以下となってしまうことです。


名古屋に、痴女の性感マッサージを楽しめるというM性感風俗の噂を聞きつけ、早速利用してみることにしました。 ここで衣装選びでお願いしたのが、ボンテージでした。 攻撃的に、悩ましげに誘惑してくる痴女を想像すると、ボンテージしかないと直感しました。 そして実際に目にして、その考えの正しさを確認したのでした。


あの黒光りする衣装は、体のラインをより際立たせてくれるようで、彼女の美しさが際立っていました。 そして責めが開始されると、その衣装から犯されているように自然と思えたのでした。 こうした逆痴漢プレイをたっぷりと楽しんだ私は、痴女の容赦ない手コキ、アナルの同時攻撃によって、たっぷりと精子を放出してしまったのです。 ちなみに、その精子がボンテージにかかってしまい、付着した姿にまた興奮してしまったらしく、すぐにムスコは復活してしまいました。

せっかく名古屋のような風俗が楽しめる街に住んでいるので、思い切ってSMプレイがしたいと思っています。 できればボンテージ衣装を着た痴女にちょっと虐めてもらうような内容がいいです。 調べてみるとボンテージの色も最近は一般的な黒だけでなく、白や赤といったものもあるようです。 コスプレ気分で色々と試してみてもいいかもしれません。


自分はSでもMでもないので、拘束系のプレイにはこだわりません。 しかし、体の自由を奪われながら女性にエッチなことを強要されるというのは想像しただけでゾクゾクします。 痴女が相手だと、エロさは向こうのほうが当然上ですから、風俗経験のあまりない僕は完全に下僕扱いされてしまうでしょう。


でも、そこがまたいいんです。 普通に女性と付き合っても、ほとんどの場合、男性が女性とリードしなければなりません。 それが一般的な常識みたいなものです。 だからこそ、風俗遊びができる独身のうちに痴女たちと戯れたいのです。

名古屋に出張に行った際、仕事を終えて夜が暇だったので、栄の風俗店をネットで探して遊んだことがあります。 自分はフェラチオプレイが一番女性にされて興奮するプレイなので、それがうまい女性をいろんな店のホームページを見て探しました。


そして見つけたデリヘル嬢がAちゃんでした。 彼女は痴女的なタイプで、私が除くフェラチオプレイ以上の内容で楽しませてくれました。 彼女は私を起立させ、その前に膝をついて私のペニスを加えました。 途中で口からペニスを抜き、パイズリをしてくれたのですが、これが最高でした。


彼女はペニスを自分の乳首にゆっくりあてがいました。 そしてペニスをめり込ませるようにし、乾燥してきた際には暖かい唾液を垂らして痛みが伴わない配慮をしてくれました。 そして左右の乳首に丹念にペニスをこすり付けた後、大きなおっぱいで挟んでゆっくりと上下にピストンさせてくれました。 「一滴残らず精子を出してあげるわよ」と上目づかいに言われ、私はその通り大量の精子を出してしまいました。

これまでたくさんの風俗遊びをしてきましたが、痴女に射精まで導かれたのは、今回が初めての体験でした。 場所は栄のホテルの一室、M性感風俗に在籍する痴女を指名させてもらったのですが、プレイに取り掛かるまでは、とても礼儀正しい、清楚な女性に見えました。


事実、服を脱がし、シャワーを浴びるまで丁重なおもてなしをしてくれて、イメージどおりの好印象を受けました。 それがベッドに移るや否や、別人のように豹変するのです。 素人にも分かるエロのオーラを身にまとい、早速私の体に指を絡ませてきました。 そして唇は首筋に吸い付き、そこから乳首や背中へと這い回っていくのです。


その後も股間に顔を近づけて、アナル責めや玉遊びに夢中になりつつ、片方の手は、しっかりムスコを握り締め、ずっとシコシコと動かしていました。 責めの刺激もさることながら、責めに夢中になっている痴女の眺めも最高で、性感は加速を増す一方で絶頂まで登り詰め、彼女の手の中でドクドクと射精してしまいました。 そして射精後は、再びプレイ前の様子へと変わっていき、丁寧に体を洗ってくれました。

もともとボンテージというのは海外女性のような手足が長く、スレンダーな美女が着ることでさまになる衣装です。 手足が短く、胴が長い体型とされてきた日本人には着こなすことができない衣装だったのですが、昨今は事情が変わってきました。 若い女性たちの多くが手足が長い八頭身スタイルになって、欧米人顔負けのグラマラスなボディの持ち主が増えてきたのです。


そんな女性たちは名古屋にもいて、ボンテージ姿になって男たちを待っています。 女王様に責められて快感を感じるM男なら、ボンテージ姿の女性を見るだけで興奮し、イッテしまいそうです。 こうしたSMクラブに行ってみたいけれども、痛いのは嫌だという思いもあってなかなか行けないという人は、ソフトSMの店を探すとよいでしょう。


名古屋にはソフトにSMをしてくれる店もたくさんありますから、女王様のスタイルを楽しみ、責められることを楽しみ、そして与えてくれる快感を楽しむことができます。 おそらく一度行ってみると、かなりはまってしまうでしょう。

ボンテージ衣装は誰でも似合うわけではなく、やはり手足が長くなければ似合いませんし、プレイ中はサディスティックな目でこちらを見ながら迫力のある罵りをしてくれなければM男は満足できません。 ただ、愛知県の名古屋には強気で美人なSM嬢が多く居るので心から満足出来るでしょう。


M男にとってSMプレイの質は大変重要であり、男性は女性に支配されているという意識を持っておきたいので、女性の視線も大事になります。 男性への視線を変えるだけでもプレイの楽しさが左右されますし、男性は鞭による罰をワクワクしながら待ってしまうはずです。


名古屋に居るボンテージを身に着けた女王様は男性への調教が非常に徹底的であり、とことん男性客を脚で踏みつけたり窒息プレイをするなど、容赦ない攻撃を仕掛けてきます。 また、アナル責めは突きまくるようにやってくれますし、これはM男にとって最高のご褒美と言って良いでしょう。 名古屋で思う存分女王様に悶絶されてみてください。

名古屋に旅行に行きました。 日中に観光が終わってしまい、夜は宿泊先のホテルで暇を持て余したのです。 それではもったいないと思い、女の子に来てもらいました。 地理が分からないので、こちらに来てもらって助かりました。


どんな女の子が来てくれるのだろうか、期待に胸を膨らませます。 するとスレンダーな女の子が30分ほどで来てくれました。 待ち時間がないのも嬉しいです。 そして上着を脱ぐと、なんとボンテージ姿だったのです。 写真では見たことがありますが、間近で拝ませてもらったのは初めてです。


黒という、男性が喜びそうな色を選んでいるのもたまりません。 さらにムチまで持っていたので、これは期待できると思いました。 その後は、私はずっと感じたままだったのですが、その姿を見て女の子が喜んでくれたので最高です。 普段喘ぎ声をあげることは滅多にありません。 しかし気持ちが良すぎて、気がつくとああと声が出ていました。 もっともっとと、お願いもしてしまったのです。

風俗を何度か利用したことがありますが、最近名古屋のサービスが気に入っています。 衣装にもこだわりがあり、特にボンテージ姿がたまりません。 黒や赤など男心を震わされる色ですし、その格好で腰などをやらしく振るので興奮してしまいます。 谷間がちらっと見えるのも嬉しいです。


衣装で楽しませてくれる風俗店は、いくつかあると思います。 しかし、やらしい動きをしたりこちらを焦らしたりすることはなかなかありません。 女の子にお触りが禁止なので、こちらから触れることは出来ないのですが、その代わりに密着プレイを楽しめます。


ボンテージ姿のまま、胸を押しつけてきたり、お尻を密着させるように座ったりします。 汗をかいていることもあるので、汗がつくのですがそれがたまりません。 触れなくても、見ているだけで興奮します。 押しつけられた時には、臭いや汗に反応してしまうのです。 もっとお願いしますと言うと、どすんと座られるのでそれもまた最高です。

SM系のプレイをこよなく愛する人は、かなりのこだわり派の人が多いようです。 女王様が責めてくれるのならば誰でも良い、そんな風に思っている人は、ほとんどいないでしょう。 頭の中で思い描く理想の女王様、その女性が調教してくれるからこそ、最高の快楽を得られるのです。


SMプレイは既にメジャーとなりましたが、現在、名古屋の風俗では、このSM愛好家が大変増えていると聞きます。 実は私のその内の一人なのですが、同じ性癖を持つ人との交流もあり、情報交換やその思いを語る機会が結構あります。


その話の中でよく出てくるのが、女王様の衣装の定番、ボンテージについてです。 これを進んで着用する人は、まず素人にはいないでしょう。 よほどエッチが大好きな女性か、痴女、女王様程度しかいないはずです。 この切っても切れない最高の組み合わせ、だからこそ、そこに大きなこだわりを持つのです。 そういったこだわりを現実で体験できるのは、実はそう多くありません。 その為、よく利用する名古屋にある性感風俗店には、いつまでも営業し続けて欲しいと思っています。 そこでボンテージを身に付けた女王様と出会える楽しさ、今の私の唯一の楽しみです。

名古屋に来たのなら、ぜひ一度ボンテージ姿の女王様に調教されてみてはいかがでしょうか。 錦や駅裏など色々な繁華街がありますが、そのほとんどがヘルスやソープです。 しかし探せば女王様プレイができるお店もたくさんあるのです。


名古屋の女性はもともと気が強いタイプの女性が多くいます。 しかもゴージャスさを求める傾向が強く、まさにセレブな外観の女王様ばかりなのです。 どうせ責められるのなら、貧相な女王様よりも、豪快でゴージャスな女王様の方が気持ちがいいですよね。 ですから名古屋の女王様プレイがお勧めなのです。 とはいえ、ハードなSMは苦手という人も少なくありません。 そんな人のためにはソフトなプレイも用意されているので心配は無用です。


またほとんどのお店がボンテージにもこだわっています。 昔ながらの形だけでなく、胸もお尻も丸出しの亀甲縛りタイプや、上下分離したビキニ型はもちろん、赤や青などの色にこだわったものなど色々あるのです。 見ているだけでも目の保養になるものばかりなので、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

いじめられるのが好きなMっけの多い男性ならボンテージに興味があるという人もいるでしょう。 私もM男でSMプレイに興味があるので彼女にコスプレをしてプレイをしてほしいとお願いしているのですが、彼女はそういったプレイには興味がないみたいで、なかなか応じてくれません。


そこで、名古屋のコスプレ風俗店でこの前はじめてボンテージプレイというものを体験してきました。 相手をしてくれた女性は身体のラインが露になった革のスーツを身にまとい、とてもスタイルが良かったです。 いかにも女王様といった強そうな感じがして、自分の理想通りの外見でとても満足でした。


はじめてということで比較的ソフトなプレイをお願いしましたが、それでも言葉責めやムチやローソクといった道具を使ったプレイなどを堪能し、とても気持ちのよい時間を過ごすことができました。 病みつきになりそうで、彼女に内緒でこれからも何度も通ってしまいそうで、ちょっと怖い気もします。

名古屋は大阪と東京にはさまれて、新しいものがすぐに入ってくる土壌のあるまちです。 風俗でも同様で、最新のメニューがたちどころに流れ込んできます。 今流行りのボンテージを身にまとった女性が、男性を責めて、男性は身をゆだねるような形のスタイルもしっかり名古屋で楽しむことが可能です。 基本的には女性がコスチュームをまとって、言葉攻めと全身マッサージを施すというところが基本の形になっています。


そこから先の形は、店によってまちまちで最初にきっちり確認しておくことが非常に大切です。 店によっては、コスプレはあるものの、それ以外は普通のデリヘルというところもありますし、その場合は最後は射精して終わりです。 片や別の店では今まさに流行の前立腺マッサージを専門にする店があります。 その場合、男性性器へのタッチもほとんどなく、ほとんどおしりを攻めたてられるので、心構えしていないとびっくりしてしまいます。 前立腺マッサージは射精のようにすぐにはゴールが来ないので、そこそこ心構えが必要です。


また店舗の形態は、デリヘル形式が多いです。 皆が知っている劇団四季のあたりから電話することで、女の子と合流する形が多いです。 ホテルから電話するのもいいですが、待ち合わせするとちょっとした恋人気分なので、おすすめの形かと思います。

男の中には気品の高い女王様に鞭でビシバシやられたい、縄で縛られたいそんな妄想を抱くM男がこの世にたくさんいます。


ですが、妻や恋人にそのようなプレイをさせてくれとお願いしても彼女が真性のSでない限りたいていはドン引きされるでしょう。


そんなボンテージでないと性欲が発散されないあなたにはSMクラブで性欲を発散されてはいかがでしょうか。


何しろSMクラブで働いている女性の方はプロですので、素人の人がやるよりも激しく、しかし大けがをすることなく安全にボンテージプレイを楽しむことができます。


何より彼女たちは全員気品を持った女性たちですので、あなたの性欲を満たしてくれることは間違いありません。


このようなSMクラブは全国各地にたくさんあり、かなりの需要、ボンテージプレイをされたい殿方が非常に多いと思われます。


名古屋でもこのようなプレイを楽しむクラブやバーはたくさんあります。


Mでボンテージをされてみたいという殿方はぜひ遊びに行ってはいかがですか。