スマホ版に切り替え

HOME -> 男の潮吹き 方法

栄のM性感のデリヘルを利用し、生まれて初めて男の潮吹きを経験しました。 男がドライオーガズムを得る方法はいくつか有りますが、私は亀頭責めで潮を吹きました。 亀頭責めと言っても、そのお店の亀頭責めは凄くエッチで、限界まで感度を上げてくれます。


女性が卑猥な言葉を言いながら、亀頭をこすったり舐めたり、よだれをたらしたり、とんでも無くエロさで亀頭をいじるのでたまりません。 今までいろんな風俗で遊んできましたが、間違いなくエロさナンバー1の痴女でした。 女性の底無しのいやらしさを見た気がします。


前立腺マッサージも試してみましたが、アナルの方はまだ開発途中で、それほど気持ちよくはなりませんでしたが、それでも徐々に感度が上がっています。 そのうちアナルだけで潮を吹けるようになりそうです。 感度の良い方なら一度のプレイで激しく潮を吹く事も有るみたいです。 栄は風俗のメッカなので、優秀なお店が集まっています。 その中でもM性感のお店が抜群に人気です。

男の潮吹きの方法では前立腺マッサージが有名ですが、一度試してみて潮を吹けなかった方も居ると思います。 そういう方は栄に有るM性感マッサージのお店で3Pに挑戦してみてはどうでしょう。 1人の女性では無理だった事も、2人の女性から刺激を受ける事により、潮を噴けるかもしれません。


実は私もそうでした。 一度別の店で前立腺マッサージにトライしたのですが、その時はドライオーガズムを感じる事が出来ず、射精のみに終わりました。 栄のM性感マッサージがすごいと聞き、しかも二人の痴女を派遣との事でしたので、電話をしてお願いしたのです。


二人の痴女からプレイして貰った結果、自分でも驚くくらいの快感に襲われ、ギンギンに張ったペニスからビュービュー潮を吹きまくりました。 女性が良くオーガズムを感じる時に「死んじゃう死んじゃう」と言いますが、その気持ちが良く分かりました。 確かに意識を失うくらい気持ちが良いです。 栄のお店なら二人の痴女とプレイできます。 刺激も二倍、快感は何倍にもなるでしょう。

AVでよく見る潮吹きは、通常女性だけのものです。 しかし男性も興奮度がマックスになった状態であれば潮を吹くことができます。 その方法はある程度限られているのですが、一般的には自分一人の力では難しいとされてます。


自分一人でダメなら行くべきところは栄の風俗でしょう。 男の潮吹きは受け身の感覚でいることが求められます。 どれだけ念入りに開発するか、上手に刺激するかが重要であり、それを任せられるのはプロだけなのです。 あとは自分好みの風俗嬢がきっちり責めてくれるので、放っておいても成功する確率は高くなります。


そして風俗嬢とのプレイはこれだけでは終わりません。 たんに男の潮吹きを成功させるだけでなく、より大きな快楽を求めてくれます。 今まで体験したことのないアナルや乳首などへの刺激が、自分の新しい性感帯をも開発してくれます。 つまり、男性は自分で何もしなくても、どんどん男の潮吹きの成功率が上がって気持ち良くなっていくのです。

男性に最も気持ちいい瞬間は何かと質問すると、ほとんどの方は射精と答えます。 射精が最大の快感だと思っている方は多いのですが、実際にはもっと気持ちいいプレイがあるのです。 錦の性感風俗では、射精の100倍とも言われる男の潮吹きを体験できます。 亀頭をひたすら責める方法により、透明の液体を吹かせるのです。


男の潮吹きを体験させてくれるのは痴女と呼ばれるスケベな女性です。 性感帯の開発を得意としており、痴女のハンドマッサージを味わえば、かなりの確率で潮を吹くことができます。 本来、射精のときに潮を吹くことはありませんが、亀頭をすばやくマッサージすると放出することがあるのです。


錦の性感風俗でプレイを受けるときは、すべて女性にお任せしましょう。 雑念があるとイキにくくなるので、何も考えないようにしましょう。 自分から責める必要はなく、ひたすら痴女のハンドマッサージを受け続けてください。 自分は何もしないのが、男の潮吹きを成功させる一番の方法なのです。

あるアダルト動画を見ていた時に、男の人が潮を吹いているシーンを行っていました。 それまで女の子が吹いて気持ち良くなるという映像しか見た事がなかった為、本当に男にもできるのか? と感じてしまいました。 その方法も詳しく知りたかったのと、実際に男の潮吹きを体験してみたくなって名古屋の専門風俗店に行く事にしたのです。


よく見ていくとデリヘル式で、家まで女の子が来てくれるという事だった為そのまま待ちました。 そしてかわいい女の子が来た後には、楽しみにしてサービスが始まったのです。 始めは僕の性感部分を探るように体をマッサージしてくれて、気持ち良くしてくれました。


身も心も解れてきたところで、さらに顔面騎乗をされたり、いやらしい目つきで挑発しながら手足を縛って亀頭責めをされました。 興奮してしまいそこまでペニスを触られる前に射精をしてしまったのですが、その後さらに亀頭を中心に擦られてしまったのです。 快感を通り越した悶絶を味わいながら、ピュっと潮を吹いてしまいました。

男性は女性のように、何度でもドライオーガズムを感じることが難しいイメージがあります。 しかしプロの手にかかれば、何度でもドライオーガズムを感じることが出来ますのでおすすめです。 プロと言えば錦の風俗店に在籍している女の子でして、何度も研修を重ねたテクニシャンばかりになります。 まだ体験したことがない男性も、一度は行ってみると良いでしょう。


店舗に足を運ぶことが難しければ、出張型や待ち合わせ型と呼ばれるデリヘルもありですので、わざわざ足を運ばなくても問題ありません。 自宅や宿泊先のホテルから電話を一本するだけで、タイプの女の子が時間内に来てくれます。 男性はベッドの上で寝ているだけで、何もしなくても可愛らしいの女の子がサービスを思いっきりしてくれます。


甘い吐息や言葉を囁いたり、体の気持ち良い部分を念入りにマッサージされる夢のような一夜を過ごせるでしょう。 これから錦で専門風俗店を探している方は、女の子を自宅や宿泊先のホテルに呼んで男の潮吹き方法がわかります。

男の潮吹きをしてみたいと思っていても、素人の女の子はそのやり方が分からない子も多いものです。 だからといって自分でオナニーをしながら行ってみても、どの部分を刺激すれば良いのか分からなくなりますし、いつも感じた事のない感覚を体験してしまうとそこで一度手を止めてしまう事もあるでしょう。


錦にはこの男の潮吹き方法を得意とする女の子がいる風俗店がありますので、まずは上手な女の子にお願いをしてみましょう。 外にこれから出られないという時でも、女の子から自宅まで派遣してくれるようなお店もありますので利用しやすいです。


女の子はまず気持ち良く射精をさせる為に、マッサージなどもしながら言葉責めや顔面騎乗などのパフォーマンスでさらに感じさせてくれます。 ペニスも丁寧に触られて気持ち良くなって射精を行ったところで、本格的に潮吹きへと導いてくれるでしょう。 まず亀頭を中心に触りさらに苦しく気持ち良くなって寸止めをされたりと、焦らされを何回も繰り返されてしまいます。 もう耐え切れなくなった時には、思いっきりおしっこに似た潮を噴き出してしまうでしょう。

女性特有だと思っていた潮吹きが、男でもできると聞いて試してみました。 お店では男の潮吹きという名前でプレイできるので、知っている方も多いかもしれません。 方法としては、まず事前に水分をたくさん取っておくことから始めます。


そして、プレイ前にはあらかじめ、亀頭に濃い目のローションを塗ってもらいましょう。 基本的には射精後ですが、射精前に潮を吹くことも可能です。 これを前潮と言いますが、ハッキリ言って難易度が高いので、まずは一度抜いてから男の潮吹きを行うことをお勧めします。


あとは、少しおなかを突き出すような体勢で、少し強めに亀頭責めをしてもらってください。 しばらくすると、ムズムズしてきて、トイレに行きたくなる感覚があると思いますが、成功のサインなので潮を吹くまで我慢してそのまま続けてください。 男の潮吹きの方法を実践したいのなら、錦の専門店がいいと思います。 テクニックレベルの高い風俗嬢が最高の快感に導いてくれるでしょう。

男性の潮吹き専門のお店ってご存知ですか? なかなか聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれませんが、今大変話題を呼んでいるんです。 潮吹きって女性が体験できるものという認識している方も多い中、マニアの中ではダントツで人気のプレイとなっています。


ただし、男の潮吹きって1回で成功するというケースも少なかったりします。 もちろんその原因は女性の技術だけじゃありません。 女性がどれだけ高い技術を持っていても、成功しないことがあるのです。 今回はうまくやれる秘訣についてお教えしましょう


それは恥じらいを捨て、開放的になることです。 最初は慣れない責めにこっぱずかしいと感じることもあるでしょう。 しかし、その気持ちこそが歯止めとなって、快感がうまく得られなくなってしまうのです。 だからこそ、身も心も女性に預けて開放的になることで、成功させることができるでしょう。 是非皆さんも未知なる快感を味わってみてはいかがですか?コツをつかんで成功させましょう。

男の潮吹きはとても気持ちがよいという話を聞いたので、自分もその快感を体験してみたくなったのです。 ただ、私はそのやり方がよく分からなかったのです。 そこで、風俗店へ行って女の子に手伝ってもらうことにしました。


私が利用したのは、男の潮吹きを専門に行っている風俗店です。 さすがは専門店だけあって、そのお店の女の子のテクニックは凄かったです。 最初は、優しく私の下半身を刺激してくれて、だんだんと大胆になっていき、お尻まで指が到達した時には、かなりドキドキしてしまいましたね。


ずっと、長い間下半身を刺激してもらっていたので、途中でちょっと疲れてしまったのですが、だんだんと気持ちよくなってきたのです。 そして、いきなり潮を吹きだしたのです。 まさか、ホントに潮を吹けるとは思っていなかったので、感動してしまいましたね。 貴重な体験が出来て本当に楽しかったですよ。 男の潮吹きに興味がある方は、風俗店に行ってやり方を教えてもらうことをおすすめします。

男性の潮吹きが風俗業界でも注目を浴びています。 普段はSの男性でもチャレンジしてハマるケースも多くなっている傾向にあります。 男が体験できる潮吹きは、尿道あたりや亀頭を刺激することで起こる生理現象であり、女性の潮吹きと同じような快感を得ることができます。


うまく成功させるコツとしては、女性側が尿道をこねるような感じで刺激を与えると男性側はむずがゆい感覚を覚えるようになります。 これが潮を吹くの前兆となっているのです。 とにかくこの間は我慢です。 むずがゆくなって、トイレに行きたいという感覚に襲われるかもしれませんが、ひたすら我慢しましょう。


我慢し続けたら快感を得られるようになってくるでしょう。 尿が出るような感じがしますが、実際に尿が少し出るという方もいれば、実際に潮が吹くという方もいらっしゃいます。 尿が出たとしても刺激を続けることによって潮を吹く事ができるようになるでしょう。 前立腺マッサージなどによっても潮を吹くことは可能ですから、亀頭や尿道の刺激では物足りずうまく成功しないという方は、前立腺マッサージも試してみると良いです。

射精とも放尿とも違う無色透明な液体がピュッ、ピュッっと間欠泉のようにほとばしる男の潮吹き、考えただけでも気持ちよさそうですが、そのやり方には諸説あって、実際に体験してみるしかなさそうです。 どうやったら体験できるかというと男の体の仕組みを熟知しており、エッチなことが大好きな痴女が多数在籍しているM性感風俗を利用するのが一番です。


もっともポピュラーで、しかも凄まじいのが、一度射精して萎えかけた陰茎をしごきにしごいて強制勃起させ、さらに何度も射精させるというもので、煙も出なくなったような後ではじめて潮を吹くと言われています。 これは、精も魂も尽き果てて、精子が無くなってしまい、液体のみ搾り取っているのではないかと言われています。


別の方法で射精しそうな陰茎の根元を圧迫して射精させないやり方というのもあります。 亀頭部では射精感を得られてオーガズムを迎えているのに、精液は出していないため勃起は衰えず、何度も同じやり方で絶頂を迎えることができるという方法です。 このときに透明な液体が出ているそうですが、これも凄まじい方法です。

皆さんは男性にも潮吹きという現象があることをご存知でしょうか。 潮吹きというと女性特有の現象だと考える人が多いかもしれませんが、男性にもあるのです。 それは射精とはまた違った快感を得られます。 と言っても、マスターベーションなど自力で体験しようと思ってもそうは簡単にいきません。


私も過去に一度だけ体験をしたことがあります。 体験場所は福岡にある某M性感の風俗店でした。 さて、その方法はまず、嬢が手コキなどでペニスを刺激します。 すると、まず通常どおり射精が起こります。 普通であれば、この段階で行為は終了しペニスへの刺激はやみます。


しかし、嬢は射精後もペニスを刺激し続けました。 その感覚といえばなんともくすぐったいような、尿意をもよおしたような感覚でした。 何かが出そうで我慢できなくなった瞬間、大量のさらさらとした無色透明の液体がペニスから射出されました。 これが潮です。 最近は潮吹き体験をサービスとしている風俗店も多くありますので、体験してみたい方は訪れてみるとよいでしょう。 新たな快感が得られます。

男も女も性器から派手に液体を放出することがあります。 女性の場合はAVなどでおなじみの潮吹きが有名ですが、男は射精とおしっこ以外に液体のイメージがありません。 しかし、やりようによっては、精液でもおしっこでもない無臭の液体がペニスから勢いよく出てくるのです。 これは、アダルトサイトを見てそれが確かにあると確信しました。


動画で観た潮吹きはかなり男性が切なそうな顔をしており、よほど出したいのを我慢させられているのだなと感じました。 これは、射精する寸前に寸止めをして、もどかしい状態をかなり長い間持続する必要があります。 ためた分フラストレーションはたまりますが、限界ぎりぎりまでためた時の開放感は絶大です。


女性の場合は比較的容易に潮を吹くことができますが、男性の場合は我慢が必要になるわけです。 これは何度かやってみて、自分がイキやすい体質かどうか、見極める必要があるでしょう。 特に我慢がきかない人は、風俗嬢に寸止めをしてもらうのも手です。

潮吹きといったら女性だけのものだと勘違いをしている人もいるでしょう。 しかし、実は男性でも潮吹きを体験することができるのです。 ビデオでみていても詳しいやり方まではわからないことが多いので、ここで紹介をしていきましょう。


まずは、普通にフェラか手で射精まで導きます。 このときに寸止めをしたり、亀頭を責めておくことで強い快感を与え、潮吹きをするときに役に立ちます。 射精まで導いたら、そのまま手のひらのくぼんだところで亀頭をぐりぐりと円を描くように刺激を与え続けます。 そうして、数分すれば見事に潮吹きを達成することができるかもしれません。


それは、男女両方にいえることですが、挑戦をしたからといって誰でも簡単にふけるとは限らないからです。 その人の体調や相手のやり方が大きく関わってきます。 そのため、男の潮吹きに出会っても絶対に成功するとは言いきれません。 しかし、あきらめずに挑戦をし続ければ成功をする可能性は高くなっていきます。

あわてずあせらず、ゆったりと刺激すれば、ペニスはそれなりの反応をしてくれます。 いたる所で見られる風俗の情報サイトでは、男性が快感を得るための決まりが示されていました。 潮吹きの方法はいくつかありますが、オーソドックスなのは射精を我慢し続けることでしょう。 中にはアナルと同時刺激で達するのを早める荒業もあります。


なかなか気持ちよくなれない人は、しごきと寸止めのバランスを考えましょう。 人にやってもらう場合には、イキそうだと意思表示をすることで、寸止めのタイミングを計ることができます。 男性が潮を吹くにはちょっとした手間がいりますが、潮吹きの方法を一度マスターしてしまえば、あとはセオリーどおりです。 きまった手順を間違わなければ、潮は吹けます。


どんな苦労をしようとも、男性が得る快感のうち、かなり強いものを味わいたいと思うのは当たり前です。 特に今はドライオーガズムなど新しいタイプの快感が得やすくなり、それを確実に得る方法も紹介されてきましたから、意外にメジャーなのでしょう。

一気に押し寄せる快感よりも、弱い刺激を繰り返すほうが効く場合があります。 男性も30代くらいになると、荒々しいだけのSEXではなく、ねっとりとした年季の入った攻めを受けたくなるものです。 SMなどで流行っている亀頭責めは、とにかくじわじわと来る感覚が見ものであり、非常にいい感じで快感を持続させることができます。


弱い刺激を続けると、体がそれに順応してくるのは誰もが知っています。 特に年配者は体力勝負より、むしろ長い快感を得たいと思うもので、プレイそのものを楽しむ傾向にあるのです。 とことん亀頭責めを楽しみたいお客は、プロがいるお店にいって、たっぷりと濃厚なサービスを受けるでしょう。 それは、ある意味でかなり冒険ですが、確かな満足感を得られます。


必要なだけサービスが受けられるのは大変喜ばしいことです。 風俗で重視されるのはお客の満足度の高さなので、ペニスの先端だけを攻めるプレイはかなり効率的ともいえるでしょう。 本当の意味で快感が得られるのは、実はこうした地味なプレイなのです。

AVに憧れている男性は数多くいます。 男性が向けに興奮させるために作った商品というのは、わかっていますがそれを参考にしている人もたくさんいるはずなのです。 特に女性の潮吹きは男のロマンスでもあり、一度は彼女にしたことがあるはずです。 実際に自分で出来たときには、どことなく自信がつくものです。


しかし、勘違いしてほしくないのはその方法が本当に正しいかどうかということです。 アンケート結果でもわかっているように女性は気持ちがいいと感じている人が少なく、痛いと感じている人のほうが多いです。 そこで、正しい潮吹きの方法について学んでみましょう。


まず、使う指は中指と薬指の二本がいいでしょう。 よく言われているGスポットというところを掻くようにするのが理想です。 このときに腕全体を動かしてするのではなく、指だけを動かすということを意識しましょう。 あまりにも激しくしすぎると、女性は痛いだけなので力加減と女性の反応を見ながらするのが得策です。

性については、学生の時の授業で教えてくれますが、詳しいところまで教えてくれるわけではありません。 自分でその知識を吸収するしかないのです。 性への知識を吸収することは恥ずかしいことではなく、幅広い知識をもっているからこそ楽しめるという考え方もあります。 今回は男性の亀頭オナニーの知識について見ていきましょう。


これは、早漏でオナニーを楽しめない人や通常のやり方とは変わった快感がほしいという人達におすすめです。 亀頭は男性器の中でも最も敏感な部分なので、これだけを使ったオナニーをすれば通常の倍以上の快感を得ることができるでしょう。 具体的なやり方について見ていきましょう。


手でする場合には亀頭をむき出しの状態にしてから、指で触ったりこすったりするだけというものです。 単純にみえるかもしれませんが、その気持ちよさは体験してみればすぐにわかります。 手のひらを乗せてまわしていると、すぐに耐えられなくなるので注意しましょう。

実は男性でも潮吹きができるのですが、その事を実はまだ知らない方も多いようです。 女性は局部のツボをこすっていると潮が拭くということを知っている男性は多いのですが、まさか自分もできるなんて・・・と思っているでしょう。


しかし、上手な女の子に刺激をしてもらえれば男性でもできてしまうのです。 どのように行うのかやり方も気になる部分ですよね。 まず射精が終わった後にここでペニスに刺激を与えるのを止めません。 そのまま亀頭を中心にこすられ続けてしまうのです。 そしてその手を女の子は止めることなく刺激を続けて、もうダメとなったところに焦らしを加えながら最後に男の潮吹きをさせてくれます。


自分自身でも挑戦して練習を行えばできるかもしれませんが、始めから行うのは難しいでしょう。 まずは専門風俗店の女の子にお願いをして刺激してもらえれば、経験や知識が豊富な子に行ってもらえるので、この感覚を楽しむことができます。 潮吹きをした後は、なんとも言えないスッキリ感もありますよ。

亀頭責めと言うとただの手コキでしょという風に思っている人はいませんか?もちろん指先や掌は亀頭を刺激するのには最適な個所の一つですが、最近はパンストでしごくのが亀頭責めの本流です。 痴女が穿いていたばかりのパンストを脱いで、股間に当たっていた部分にローションを垂らし亀頭を責めるのだからいかにも気持ちよさそうです。


さっきまで痴女の股間を覆っていたと思うとフェチ心が萌えると思います。 痴女の股間の匂いが染み付いてムンムンするようなところで亀頭を嬲られる楽しみは亀頭責めの醍醐味と言えるでしょう。 他にも柔らかい素材の代表例であるガーゼを使うと言う手法もあり、亀頭責めは進化の一途を辿っています。


精液が出そうになったら刺激を止めたり、竿の根元をギュッと圧迫したりすることで射精しそうで射精させない寸止め焦らしが溜まりません。 一思いに楽にしてくれとお願いしても痴女は自分が気のすむまで責めつづけるのですから、出させてもらえない快感を味わってみてください。

潮吹きと言えば、女性特有の現象だと思われがちですが、実は男の潮吹きと呼ばれるものもあります。 その名の通り、放尿のような潮をペニスから噴出するもので、その基本的なやり方は射精のときとほとんど変わりません。


しかしながら、成功させるためには必要な条件がいくつかあります。 まず、男の潮吹きを行う前に、一度射精する必要があります。 そして、射精直後に開始しなければならないことがほとんどであるため、大抵の男性にとっては、このとき敏感になった状態の亀頭への刺激に耐えられないこともあるようです。


そのため、男の潮吹きを成功させるには、慣れが必要とも言われ、また高度なテクニックが必要とも言われています。 それゆえ、潮吹きに成功した男性の多くが、風俗店でのサービスによるものだというわけです。 また、もう一つ、成功するための条件として、水分の補給があります。 おしっこに近い現象であるため、プレイ開始前には必ず飲み物が必要となります。

ネット上でもよく話題になる潮吹きには、確実だと言われる方法があまりないようです。 と言っても、これは女性のものではなく、男の場合ですが、やはり射精後にはじめなければならないというのがネックになっているようです。 そこで私が風俗店をいくつかまわって、実体験して来ました。


まずわかったのは、風俗店であれば、必ずしも男の潮吹きが成功するわけではないということです。 実際に私も最初にチャレンジした頃はなかなか達することができませんでしたし、今でもお店の女の子の容姿やテクニックによってはイケないこともあります。


しかし、タイプの子でテクニックさえあれば、体調に関わらず、かなりの高確率で成功すると思います。 やはり噂どおり、男の潮吹きを成功させるには、質の高い性的な刺激と技術が必要なようです。 風俗に通っているうちに、間違いのない女の子を見つけることこそが、確実に成功する方法だと言えますので、やはり数を打つしかないようです。

女の子が潮吹きができるというのは一般的に多く知られています。 しかし、男性でもそれができるというのは知っている人は少ないでしょう。 興味があって調べたことがある人は知っていますが、女性でそれを知っている人は珍しいでしょう。 ここでは、知らない女性のためにやり方を見ていきましょう。


まずはじめに一度射精をさせてしまいます。 これはいたって普通の射精です。 そのあとに濃い目のローションを亀頭に塗ります。 手のひらのくぼんたところで亀頭を刺激していきます。 気持ちよくなってきたところで、表側もしっかりと刺激していきます。 裏側のカリがあるところを刺激してしまっては、射精に達するときの刺激だからです。


そうすると、尿意を感じ始めます。 ここで、お尻の穴を締めるように力を入れるのです。 運もありますが、5分から30分前後で男の潮吹きをすることができます。 自分でもすることができるので、気になる男性は一度してみるといいでしょう。 女性は彼氏に実践すると喜ばれるでしょう。

「最近、あっちの立ちが悪くなってきた」というお悩みはないですか?
最近では二十代の方でも中折れや勃起しにくいという現象が見られるそうです。
パートナーとのセックスに飽きてしまったりなどとさまざまな理由はありますが、ちょっとしたツボを押さえるだけで、まるで思春期にタイムスリップしたかのような勃起を味わえる方法があります。
それにはまずは、どスケベな女性が必要ですよね。
男を責めるだけで濡れてくるような痴女がおすすめです。
焦らして喜ぶような痴女は、最初から男性器など触りません。
まずは指先や背中、おしりや内腿など体をくまなく愛撫して、興奮度を極限まで高まらせるのです。
焦らされて焦らされた男性器は爆発寸前まで放っておかれます。
早く触ってほしいと懇願しても、痴女は吐息を吹き掛けるだけでしょう。
しかし、それだけでもう達してしまうくらいに感じるのです。
男の「感じるツボ」を知り尽くしている痴女にかかると、あなたのお悩みは吹き飛んでしまうことでしょう。

男の性感体と言いますと、もちろん性器そのものがまずその代表格ですが、そこ以外の場所も結構感じるという人は沢山います。
例えば、お尻を責められるのが好きな男性は少なくありません。
しかしながら、場所が場所だけに、なかなか彼女に責めてもらうこと自体が難しく、お願いしても拒否されることがしばしばあるようです。
他を挙げれば、乳首が弱いという男性も多いです。
M気が全く無い人でも、ここを責められると、気持ち良すぎて、つい女の子のような声を漏らしてしまう、という話を知人から聞いたことがあります。
あと、触られると、くすぐったくて笑ってしまうような部位も、エッチの時には性感スポットになるでしょう。
脇の下やお腹、首筋などは、身体のなかでも敏感なので、こそばゆさと同時に強い快感をもたらしてくれます。
脇はともかく、お腹や首なら、彼女も気軽に愛撫出来ますから、この部位が感じるの男性は責めてくれるよう頼んでみてもいいかもしれません。

男なら誰でも潮吹きが好きですが、潮吹きは女性だけのものと思っている方はとても多いです。
実は、男でもできてしまうんですよ。
男が潮吹きするにはちょっとしたコツがあります。
それは一度射精をしてから、亀頭を固めのローションやオイルでなでさするのです。
...考えただけでムズムズしてきますよね?
そのムズムズの壁の先にその特別な快感は待っているのです。
潮を吹いてみたいんだけどなかなかできないという方は、行為をする前にトイレを我慢するのもおすすめですよ。
同時に、水を多めに飲むと成功率がアップします。
それでもだめなときは、きっと羞恥心の問題でしょう。
「死ぬほど気持ちいいけどこれ以上あえいだら格好悪いかな」などと自分自身で感度にブレーキをかけてしまっては感じるのも感じられません。
この際普段の自分を捨てて解放してみましょう。
ためしに目隠しを使ってみるのもいいかもしれませんね。
それがきっかけになって、いつもの数倍感じることができて、潮も吹けるかもしれませんよ。

女性がオーガズムを感じる時はあえぎ声が出るので非常にわかりやすいです。
AVなどで潮吹きの方法を見る機会は多く、指を使うやり方もあれば、舌やペニスを使うのもいいでしょう。
これらは男の立場から見た女性のイカせ方でして、男としての威厳がここにあるわけです。
これとはまったく逆の立場から見ていくと、男性がイカされる形が見えてきます。
事実、男の潮吹きの方法をネットで検索していくと、アナル刺激や寸止め、その他いろいろなやり方があることに気づきました。
現在話題になっているM性感などは軽くやわらかいSM系のプレイをしていくことで、総受身の男性をじわじわと快感に導くことがポイントです。
その中に男が射精を我慢すればするほど大きな快感を得られる、というのがありました。
これは、おしっこを我慢すればするほど放出した時に大きな快楽を得られる原理を応用しています。
ある意味、我慢は究極かつ手軽な快楽のきっかけともなるのでしょう。

食欲・睡眠欲そして性欲、これは人間が持つ三大欲望と言われています。
欲望を満たすのはそう簡単ではありません。
たとえば、食欲があるからといって、毎日同じものを食べていたら飽きてしまいます。
それと同様に性欲も同じことばかりしていると飽きるものです。
実際に毎日のように同じセックスやオナニーをしたことで飽き飽きしている男性はすくなくないでしょう。
新しく性欲を満たす方法を開拓しなくてはなりません。
そのなかで注目されているものに男の潮吹きとドライオーガズムの2つを挙げることができます。
男の潮吹きは射精後に亀頭を丹念に刺激することで起こる現象で、ドライオーガズムはアナルに隠されている前立腺を刺激することです。
どちらも一人でプレイすることができますが、やはりより性欲を満たすためには恋人や奥さんなどのパートナーの力を借りるべきでしょう。
もしも、パートナーに断られたら風俗店を利用するのも一つの手段かもしれません。

名古屋には男の潮吹きを体験させてくれるお店があります。


潮吹きというと女性があまりにオーガニズムを感じて、クジラが潮を吹くかのようにものすごい勢いで股間から液体を発することを言いますよね。


粘々とした体液ではなく、尿でもない、得体のしれないサラサラとした液体で、全ての女性が出せるわけでもありません。


この状態が男性でも実現可能なんです。


男性の場合は、射精をして精液を出した後が勝負です。


通常はここで事は終しまいですね。


しかし、出し切って萎えたペニスをさらに刺激し続けます。


中には体力的にも疲れきったり、出し切った余韻で脱力感に襲われている方もいますよね。


そこを容赦なく攻め立てることで、ビュッと男の潮吹きがもたらされるのです。


このように書くと無理に攻める感がありますが、方法としては脱力感というか、射精後に非常にリラックスできた時に起こりやすいです。


パートナーの女性との相性もあると思いますが、初めから上手くいくとは限らないので何度か挑戦してみましょう。

最近よくネットで男の潮吹きの方法をググっています。

というのは、以前から潮吹き希望でどうしても一度は体験してみたいんです。

もしかしたら一度体験するとハマってしまうのかもしれませんが・・・。

 

で、色々と調べてみると女の子との相性やその時の自分の体調も影響するみたいですね。

何にしても、余程のテクニシャンな女の子に出会わなければ難しいのかもしれませんが・・・。

AVで男の潮吹きシリーズ的なものをビデオボックスで見ました(笑)

あの噴き出している白い透明!?な液体の正体と、その時の快感を是非とも自分でも体験したいんです。

 

でもAVを見ていると、どの男優さんもMな感じがしていますが私は決してMではないです。

 

いや、自分ではそう思っているだけで実は周りからは違う風に見られている可能性もあったりと・・・するかもしれませんね(笑)

結局、どっちなんだよ!と、言われれば自分はMではないと言いますが(笑)

そして何より、女の子は痴女が良いなぁ~そんな子にしごかれて潮吹きしたいなぁ~

そんな妄想を最近毎日のようにしています。ある意味病気です。やばいです(笑)

 

なので男の潮吹きの方法をパソコンでカチカチ調べているわけであります。

今度の休みにめぼしいお店を発見しましたので利用してみようと思います。

いや~今からドキドキです。きっとあんな事やこんな事までされちゃって、私は気持ち良さで声が出るのを我慢して・・・そしてクライマックスを迎えて・・・

折角ですからHPの写真を見て自分のタイプの女の子に色々とされたいですね(笑)

少々、値ははりますがこれも社会勉強の一環として頑張ってきます!(笑)

 

体験突撃のレポートはしっかりと帰宅後に・・・。自分だけの宝物になりそうです。

良い思い出が作れますようにと願いつつ、寝ようかと思います!

「男の潮吹き」、何度か挑戦したのですが、いつもうまくいきません。

「男の潮吹きの方法」以外のトコロに問題がるのではないか・・・。

そういえば、実はまだ「女の潮噴き」も見たことがありませんでした。

原因はそこら辺にあるのかもしれません。

早速、潮吹き体質で有名な伝説のデリヘル嬢を呼んでみることに。その名も「びしょ濡れ天使」。

やって来たのは20歳代か30いってるのか年齢不詳の小柄なお姉さん(お嬢さん?)。

とりあえず聞いてみましょう。

 

「あなたが有名な『びしょ濡れ天使』さんですか?」

「名前は、りこ(仮名)です。すごく潮噴きしやすい体質なんです。」

 

聞けば、1晩に5件程度のお客さんについて、5件全てで潮を噴くそうです。水分補給は必須。

デリバリーの移動中を利用して1晩に1リットルは飲んでおかないと、喉がカラカラになるそうです。

潮噴きを期待して呼んでくれてるお客様に応えないといけないっていうプレッシャーはないんです。

電マをあてられたらスグ潮噴きします、とのこと。

お話中、推定Eカップ巨乳に目は釘付け。

小柄なカラダなので、バランス的には上半身ほとんどオッパイです。

こういう集中力のないところも、「男の潮吹き」がうまくいまない原因の一つかもしれませんね。

普通にヘルスプレイを楽しんだ後は、いよいよ潮噴き体験です。

オプションの電マをあてます。

低い喘ぎ声が漏れます。

見てる方も興奮して来ました。

声が大きくなり、やがて潮噴きです。

結構飛ぶもんですね。

 

オシッコとの説もありますが、無味無臭、無色透明です。

潮噴きを初めてナマで見た興奮と、潮噴き直後の「びしょ濡れ天使」の恥ずかしそうな表情でコチラもギンッギンに。

 

そのままお口でイカして頂きました。次回はいよいよ自分が潮を吹く番です。

頑張れそうな気がして来ました。

刺激的な内容からスタート致しました今回は「男の潮吹き」です。

 

女性の潮吹きは皆さんおわかりだと思うんですが、男性の潮吹きって???全く想像もできません。

しかし自称風俗マスターとしましてはこの未知の世界を黙って見過ごすわけにはいきません(笑)

 

だって想像つかないじゃないですか??

一体何処から??

どうやって??

何が出てくるの??

 

って感じでチャレンジャーの気持ちで「男の潮吹き」を体験させてくれるお店に電話です。

担当のお兄さんに「男の潮吹き」の方法を簡単に説明してもらいました。

その方法というのが射精後に少し固めのローションで亀頭を攻め続ける事でおしっことは違い、ぴゅっと無色透明の液が出るようです。

 

初体験ということで容姿よりなにより、お兄さんオススメのテクニシャン女性をデリバリーしてもらうことに。

来てくれた女性は予想外の若くてカワイイ女性でした。

 

本当に大丈夫なんだろうかとプレー開始したんですが、絶品フェ◯にやられてあっという間に打ち上げ花火、恥ずかしいような照れくさいような・・・。

 

その流れでローションをぬられて亀頭だけをこすり続けられます。。

なんだかムズ痒く拷問に近いような感覚なんですが、責め続けてられるうちに頭がボーってしてきて、腰回りが痙攣を覚え始め、この辺りからムズ痒さが快感に変わり始めてきます。。

尿意を感じガマン出来ずに少しお漏らしをし・・・(本当に我慢できないんですよ・・・・)、それでもこすり続けられて出ました!

 

無色透明の液が勢い良くぴゅっと飛び出しました。

今まで味わったことのない快感、癖になりそうな感じです。。

自分自身が開発された喜びと感動を味わえる貴重な経験となりました。。

少しでも多くの人にこの感動を味わってもらいたいと願う限りです。

相変わらずガンガン風俗に通っています!どうも、僕です。

 

僕が初めて風俗に行ったのは確か大学一年生の時でした。

地元に帰省していた時に一足先に社会人になっていた友達のおごりでソープランドを味わいました。

 

いわゆるフリーでお店に入ったのですが、とても苦い思い出になったのを今でも覚えています。

 

良くも悪くも風俗を楽しんだなという感じです(笑)

それ以来、僕は遊びに行く前は事前にサイトでチェックをするようになりました。

お気に入りの女性が見つかれば指名、フリーでも大丈夫そうだなと判断したら勇気を出してフリーで飛び込む。

 

例えば初めて行くピンサロであれば回転してみてイイ子が当たれば次回から指名するという感じです。

 

なので色々なサイトに目を通す事が増えたのは間違いないですね。

先日もそんな感じで風俗サイトを色々と回っていました。

そこで僕の目をひと際輝かせたのが「男の潮吹きの方法」でした。

そんなことはこれまで見たことも聴いたことも無かったので、軽く三度見はしましたね(笑)「えっ?!男の潮吹き?!どういうこと?!」位のレベルで食いついちゃいました(笑)

 

一体男の潮吹きとはどういう事かと言えば、射精の後に少し固めのローションを使い亀頭を責め続けることでおしっことは違う無色透明の液体が「ぴゅっ!」と発射されるのだとかされないのだとか。

しかもその快感は脳みそがとろけるほどだとかそうでないとか?!

これは正直「味わいたい」と思わざるをえませんでしたね。

だってそんなことができるなんて知ってしまったら、自称風俗フリークの僕としては「いつイクの?今でしょ!」となるわけですよ!

 

しかし、実は未だ勇気を出せずイケてません。色んな意味でイケてません(泣)

一緒に男の潮吹きを堪能する同志を募集します。

皆さんも是非「男の潮吹きの方法」でググってみてくださいね!!

あなたはエロ本を買ったことがありますか?

この質問に私と同世代の30代ならほとんどの人が“はい”と答えると思う。

しかし今の10代や20代前半に同じ質問をしたらどうだろうか。

実際にはそんなアンケートはまったく取っていないので正確な事は分からないが、おそらく半分以上が“いいえ”と答えるのではないだろうか。

 

これだけネット環境が発達し、パソコンが一家に一台、またはネットに繋げるツールを一人一台は持っている時代になりエロの文化も大きく変化をしたのだと思う。

 

Web2.0という言葉が流行り、仕事の環境や普段の私生活にまで大きな変化をもたらしたインターネットだが、エロの世界でもそれは例外ではなかったのだと思う。

私が小中学生くらいの時はエロ本が落ちているという情報を手に入れれば必ず友達数人で見に行ったものである。

 

ある時には自転車で30分以上かけてエロ本を探しに行ったことさえあったのだ。

たとえそれが雨に濡れてびしょびしょになっていても(笑)

雨でくっついてしまったページを一枚一枚丁寧にはがしていくのである。

そこにいる全員が共通の目的の為に必死になって作業した。学校でのどんな勉強よりも集中し、団結してただエロ本を見るという目的の為に本当に全力を注いでいたのである。便利になると言う事はとてもいいことだが、道に落ちているエロ本にこんなに情熱を注ぐ男子は今ではおそらくいないだろう。

 

これはこれでさみしい気もする。

ただネットの情報はやはりすごい。

よくAVで女優が潮吹きをしている場面があるが、なんと男性にもそれが可能であるという。

 

私は気になって、男の潮吹き、方法などのキーワードで思わず調べてしまった。

ネットの発達でエロの世界もより広く、よりディープなものになってきているのだと思う。少年のときに追いかけたあのエロ本のような感動がこの男の潮吹きにもあるかどうかは分からないが。

 

数年前は風俗店に「男の潮吹き出来ますか?」と聞くと「はあ~?!」というコメントが返ってきたものでした。

 

しかし最近は男の潮吹きを大々的に出すお店も増えてきました。

実際は女性のテクニックや男性の経験によって出来るかどうかも曖昧ではありますが方法を知っている女性はSっぽい女性が多いです。

 

今ではネットが普及して数多くの情報があってる、間違っているはともかく男の潮吹きについても多くの情報がヒットする時代になりました。

私から言えば男性の性欲はどこに向かっているのだろう、今後もっと激しく、危険なプレイまで増えてくるのではないかと心配もしています。

 

社会の風潮もM男という人種を作りだしたのも影響があるのではないだろうか。私も需要がある以上男の潮吹きについて調べましたが、正直文面だと何がよいのか分からなかったので、実際に男の潮吹きについて経験者の友人に話を聞いてみた。

 

私の聞いた話によると一回射精した後にそのまま刺激され続け強制的に二度目の射精をすることと聞いていましたが、実は風俗での「男の潮吹き」の成功者に話を聞くと「前立腺」がポイントらしいのです。

 

まさに男のGスポットの前立腺はみんなに経験して欲しい性感ポイントだと彼は言います。体験談を聞く前に薦められてしまいました(汗)

 

しかし彼はこうも言っていました。「何事も経験。潮吹きを初めから成功させるのは難しいが、その先には女性と同様の快感が待っている…」と。

 

こんな事を聞くと私でなくてもみんなが経験したいと思うのではないでしょうか。

私も友人の紹介で週末に男の潮吹きを初体験してこようと思っております。

方法は女性に任せ、あとは刺激を楽しもうと思って、今日も頑張ってお仕事をしています!!

男の潮吹きを人生で最高の方法でした。
たったいま、とあるビジネスホテルから中年の男がが一人出てきた。男は数時間前にホテルに休憩で入り、数時間経ったいまもうチェックアウトを済ませホテルから一人出てきた。

 

端から見たら、ホテルのチェックイン時もチェックアウト時も男の表情に何ひとつ変わったところは見られない。

「いやぁ~特に変わったところはなく普通のお客様でしたよ。」
男のイン、アウト時どちらも対応したホテルマンも横にいた従業員もみな、口を揃えてそういう。

そう、なにも見た目からは変わったところはなく男はホテルをあとにした。

ただ・・・男はこの日、名古屋のこのビジネスホテルにてあろうことに男の潮吹きたるものを人生で初めて体験してしまった。

そうこの日、名古屋で男が一人町外れのホテルにて男の潮吹きをしてしまったのである。その男にとって今日はなにもの代え難い、いうならばサラダ記念日的な日になってしまったのだ。

特に自らが希望して、潮を吹いたのではない。
普段はどちらかといえば吹かせたい男だ。

会社ではまぁまぁの地位でオラオラしたいタイプだし、でもたまには優しいところもあるんだぞとギャップもちらつかせながら会社の若い女子にチヤホヤされたい!

なんて思ってもいる可愛げのある男だ。

なおかつ、普段は実家の母と電話したり、実家に帰って話すときは全然無愛想なのに、ちゃんと母の日には、お花と母の好きな寅屋の羊羹を毎年欠かさずプレゼントしてる、母想いの息子でもある。いつまで経っても俺って子供だな・・とか一人で思ってたりするいいやつなのだ。

そんな男がこの日、名古屋で潮吹きをしてしまった。

なんでビジネスホテルに入ったのだろう男は?

そう彼はこの日、勤務中だった。営業の仕事を男はしている。いつもサボっていたのだ。
この日も、休憩時間6時間¥2.980-も安いホテルに入り、いつもは寝たりしていたのだが
この日は違った。男はムラムラしてしまったのだった。

なぜならいつもは映らないはずの、ホテルのテレビのオプションのエロテレビが
なぜか映ってしまっていたからだ。

普段は¥1.000-でチケット買わないと見れないやつが見れちゃっていたのだ。

理由は気にしなかった。

そして男は、ビデオでは収まらずおもむろに携帯で、あたりかまわずとあるデリヘルのお店に電話をし、嬢を呼んだ。

男の悪い癖だ。というよりかクセというよりはもヘキだ。

男は、店の名前もプレイ内容も気にせず、嬢を呼んでしまった。
この際どうでもよかったのだろう。

呼んで30分ほどで、嬢が来た。

自分の好みとは違ったが、いい感じにエロい年上の女だ。

普通のプレイの感覚で、男は始めようとした。ダメだった。
今更ながら、自分が呼んだお店のプレイ内容がM性感のお店であることにプレイ中うっすら気づいた。気づいた時には、もう若干吹き始めていた

。そして・・・男は朽ち果てた・・・・

でも男はその日、仕事が終わるとまたホテルに入り、同じお店に電話をしていた・・・・
男が潮吹きしてなにが悪い!!俺のナニが悪いだけや!!

それが覚えている最後の言葉です。

 

「男の潮吹きをご存知ですか?」

 

唐突にそう聞かれたタカシは素っとん狂な顔をして首を横に振った。

何が何だか分からなかった。

 

「ちょっと試してみましょう」

 

そう言って彼女は射精後のペニスを扱き始めた。

 

タカシは奥手な性格で、友達に連れられてこの風俗店にやってきた。

今回で風俗と言う名のつくお店は二回目だった。

興味はもちろんあったが、とても一人でそんなお店に行く事は出来なかった。

 

最初のヘルスに行くまでもかなり尻ごみしていたが、いよいよ親友に連れてこられた。恥ずかしいけれど、いいもんだとは思っていた。

 

けれども自分では積極的行くことは出来なかった。

 

そんな事はお構いなしに誘う悪友は今回性感のお店に彼を連れて来たのだった。

受身で痴女の責めを受けるこのプレイに完全に圧倒され、ペースをつかまれているタカシだったが、今まで感じた事のない興奮状態にあった。

 

きれいな歳上の女性にいやらしい事をされるのが堪らなく感じてしまい、三度のに寸止めの後、お姉さまの太ももに一瞬擦られたペニスは、図らずも射精してしまったのだった。

 

「あ~ごめんなさい、タカシさん、じゃあお詫びにもっと凄い事して差上げますね、男の潮吹きをご存知ですか?」

 

お姉さまはその答えを聞くまでもなく、湯気の出るような精子を清潔なティッシュで手早く拭きとり、萎えはじめたペニスを優しく扱き始めた。

 

「あ~もう無理ですぅからぁ~」

 

というタカシの懇願するような言葉は無視して彼女は亀頭を人差し指と親指で輪にした手を使い絶妙な手コキを始めた。

 

すぐに硬度を取り戻した若いペニスの根元を一方の手でより強く握りながら、亀頭の表面を摩擦し始める。これが男の潮吹きの方法なのか?

 

痺れる身体と思考が停止しそうな苦悶の中でタカシは思った。

拷問だ。でももう感じた事のない熱いものが股間に込み上げてきた。

 

思いっきり声を上げて恥ずかしい潮を吹いてしまった彼は、もうぐったり涎をたらして横になっているばかりだった。

たったいま、とあるビジネスホテルから男が一人出てきた。男は数時間前にホテルに

休憩で入り、数時間経ったいまもうチェックアウトを済ませホテルから一人出てきた。

 

端から見たら、ホテルのチェックイン時もチェックアウト時も男の表情に何ひとつ変わったところは見られない。

 

「いやぁ~特に変わったところはなく普通のお客様でしたよ~。」

男のイン、アウト時どちらも対応したホテルマンも横にいた従業員もみな、口を揃えてそういう。

そう、なにも見た目からは変わったところはなく男はホテルをあとにした。

 

ただ・・・男はこの日、名古屋のこのビジネスホテルにてあろうことに男の潮吹きたるものを人生で初めて体験してしまった。

 

そうこの日、名古屋で男が一人町外れのホテルにて男の潮吹きをしてしまったのである。その男にとって今日はなにもの代え難い、いうならば独立記念日的な日になってしまったのだ。

特に自らが希望して、潮を吹いたのではない。普段はどちらかといえば吹かせたい男だ。

ニャンニャンしたいタイプだし、でもたまには優しいところもあるんだぞとギャップもちらつかせながら女の子にモテたい!なんて思ってもいる可愛げのある男だ。なおかつ、普段は実家の母とメールしたり、実家に帰って話すときは無愛想なのに、ちゃんと母の日には、お花と母の好きな千疋屋のショートケーキを毎年プレゼントしてる、母想いの息子でもある。

そんな男がこの日、名古屋で潮吹きをしてしまった。なんでビジネスホテルに入ったのだろう男は?

そう彼はこの日、勤務中だった。営業の仕事を男はしている。いつもサボっていたのだ。

この日も、休憩時間6時間¥2.980-も安いホテルに入り、いつもは寝たりしていたのだが

この日は違った。男はムラムラしてしまったのだった。

なぜならいつもは映らないはずの、ホテルのテレビのオプションのエロテレビが

なぜか映ってしまっていたからだ。普段は¥1.000-でチケット買わないと見れないやつが

見れちゃっていたのだ。理由は気にしなかった。

そして男は、ビデオでは収まらずおもむろに携帯で、あたりかまわずとあるデリヘルのお店に電話をし、嬢を呼んだ。男の悪い癖だ。というよりかクセというよりはもヘキだ。

男は、店の名前もプレイ内容も気にせず、嬢を呼んでしまった。

この際どうでもよかったのだろう。

呼んで30分ほどで、嬢が来た。自分の好みとは違ったが、いい感じにエロい年上の女だ。

普通のプレイの感覚で、男は始めようとした。ダメだった。今更ながら、自分が呼んだお店のプレイ内容がM性感のお店であることにプレイ中うっすら気づいた。気づいた時には、もう若干吹き始めていた。そして・・・男は朽ち果てた・・・・

実は、プレイ後に嬢から男の潮吹きの方法をこっそり聞いていたのだ。

なぜなら?

そう、家に帰ってあの気持ち良さをもう一度実践するためである。この男のあくなき探究心に脱帽である。

男の潮吹きとは!!存在自体知らない人も多いと思います。

良くM性感などでは、目にする言葉ですがどのように導かれると、女性のような潮を吹くのか気になるところですよね!!

 

因みに、男の潮吹き方法ですが、出来れば1度射精を済ませた後の方がよいです。

何故なら、相当我慢が必要なため溜まっているじょうたいでされると、よほど我慢強い方じゃない限りスグに射精をしてしまうからです。(我慢する自信のある人は別にしなくても構いません)

 

私が体験したのは、ローションをたっぷりと付けられ亀頭回転させるように亀頭部分をゆっくりと刺激してくるのです。


気持ちいいのと、こそばゆいようなむずがゆいような感覚になります。
次に裏スジを刺激されるとすぐに射精の刺激になってしまったので、『待って!!逝きそう』と言うとゆっくり亀頭の表側を丹念に刺激して来ました。


私はすでに、男の潮吹きを導かれだしていました。

 

『おしっこが出そうで出ない…』というと、『まだまだこれからよ!!』等と言われた。
ますます尿意がくるので、私は無我夢中で耐えると段々頭のなかが真っ白になり、声にならない声が漏れていきました。

この段階でわたしの体内に非常に強いオーガズムがが得られ、すでにドライ状態で足がピクピク。

『出したいの?』等と聞かれても私はすでに何だかわけが理解らない状態で、されるがまま!!

 

早く出てほしいじれったさと、このまま続いてほしい感じが同居する複雑な快感にとらわれ、まさに!

女の子的な『おかしくなっちゃう!!』感じが(笑)『アッ!!イク』なんてもんじゃ無いんです!!

むしろ『ダメダメダメ!』って感じです!
そして私は最終点へ、遂に男の潮吹きを導かれました。


ちなみに潮吹きはおしっこが出るのと似ていますが、自分の意思とは関係なく強制的にぴゅっと出る感じです。

 

実際に経験すると分かるのですが、射精の高まり方と潮吹きの高まり方は違うんですね。

 

 

近頃、なんかつまらない… 仕事も、プライベートも刺激がない…
そんな僕がある風俗店のホームページを見てくいついた。
「男の潮吹き」…何じゃそれは…!?
僕は検索サイトで検索した。
そうすると、別のお店の風俗店のホームページに記載されていた。
ドライオーガニズムに匹敵…? 射精後に亀頭を攻めまくる…?
一丁体験してみよう!!


僕はそのお店に電話をして「男の潮吹き」が出来る女性を頼んだのだが…
要は、誰でも体験できるわけではなく、その日の体調もあるらしいのだが…
刺激が欲しい僕はそのお店に予約したのであった。

来た女性はとってもエロいフェロモンが身体からムンムンしている。
その触り方もイヤラシく、服を脱ぐ前から僕の股間は制御不能だった。
彼女のリードでとても気持ちのいい一度目の絶頂を迎えた、焦らしに焦らされた後の、
射精だったので、普段の射精よりそれだけでも気持ちのいいものだった…
そして、僕が落ち着くのを待たず彼女は、俺のまだイッたばかりの亀頭を責め続けるのであった…

最初くすぐったい感じがあったのだが、それを越した後にいつもと違う感覚…
説明が難しいがその快感の後、出る!と思った瞬間…透明な液体が「ピュッピュッ」と発射した…

僕は、なんとも言えない絶頂を迎えることが出来たのだ。
後で聞くと僕のように初めてで潮が噴ける人も結構いるそうだ。

暫くは、病みつきになりそうだ…
コレだけでは無く色んな方法があるらしいので、次回はまた違う感覚が味わえるかも!!

等と、今から期待と股間は膨らみっぱなしである。


 

潮吹きって聞いて、ほとんどの方は女性の専売特許と思われると思いますが実は違うんですよね(笑)


つまり、男も潮吹きが出来るって知っていましたか?
えっ、、、マジでって思われる方がほとんどかと思うのですが、出来ちゃうんですよ☆彡
どうやったら男が潮吹くのって、僕も最初は思っていたのですが、初めて潮を吹いたときは正直腰が抜けてしまったかと思いました(笑)

びっくりするやら、気持ちよくなるやら、何とも言えない不思議な感覚に支配された気持で!

ここからが本題なのですが、どのようにしたら男が潮を吹くことができるのか?
あまり知られていないかもしれませんが、潮吹きは射精したあとが効果的なんですよ(笑)
例えばSEXをしたあとでも、オナニーをしたあとでも構わないのですが、なんせ射精後が
最高らしいです☆彡 

まっ、最高といいますか潮を吹きやすいらしいです☆彡
ここからは僕の体験談が入ってくるのですが、僕が初めて吹いたときはSEXをしたあとに
当時付き合っていたソープ嬢の彼女に、男の潮吹きって知ってる?って聞いたことで
なんだかお互いが盛り上がってしまいまして、じゃあ試してみようという話になったんです(笑)

射精直後の、少し触れただけでもこそばゆくなっているチ○コに刺激を与えるんです☆彡
特に効果的なのが、亀頭責めらしいんですよ♪
イタ気持ちいいといいますか、こそばゆいというかシゴくと敏感なチ○コが亀頭責めをすることで何とも言えない、尿意をもよおしそうな感覚が延々続くんです(笑)

思わず「おしっこが漏れる~~~」と叫んだ時です、おしっことは明らかに違う無色透明の液体が、、、ピュ~~~と吹き出しました(((゜Д゜;)))

これか、噂に聞く男の潮吹きとは(笑)
これで、風俗マスターの仲間入りをしたと大いに勘違いをしました(笑)

皆さま、女性の潮吹きはご存じだと思いますが、男性にも潮吹きがあるのはご存じですか?

女性の潮吹きはご存じだと思いますが、AVを見てよく勉強をしていたものですが、AVのように思いっきりやったら痛がられた記憶がございます(笑)

 

AVを見て見よう見まねで潮吹きの方法を研究しましたが、かの有名なAV嬢の○音ほたる

のAVを見た事がある方はご存じだと思いますが、あの人の潮吹きは芸術ですよね(笑)

すごい量を放出しますよね。では男性の潮吹きは見た事はありますか?AVでもほとんど

みる事がないですよね。

 

画にならないといいますかあまり見たくもないですよね。ただ体験をした方はご存じだと思いますが、アソコからシュッと精子ではないものが出るのです。

 

かなり根気がいるらしいのですが、射精をした後にまださらなる刺激を与えるのです。

いわゆる【その向こう側!!】ですね。そうするとオシッコにいきたい感じになるのですが、さらなる刺激を与えると潮を吹くらしいです。

 

あと前立腺マッサージはご存じですか?男のGスポットと言われる所でここを刺激する事によって男の潮吹きが体験できるらしいです。

 

前立腺の刺激の仕方は、お尻の穴に指を入れるのですが、ただ入れるだけではなくしっかり場所をわかっていなかったら刺激を与えられないのです。

 

しかもなかりデリケートな所なので、ゆっくりと刺激しないといけないですし、時間もやりすぎてもいけないらしいです。

 

今はネットでいろんな情報が飛び交っておりますので、男の潮吹きの方法もより分かりやすくのっていたりします。

 

性に貪欲な方は是非1度男の潮吹きを経験してみてください。

 

彼女や奥さんが難しいようでしたら、風俗店で体験できる所はございますので!!

 

 


私は普段からインターネットを利用している27歳の会社員です。

ある日、友人から「SEX以上に気持ち良くなれる事がある」と話を持ちかけられ、
気になってネットサーフィンをしていました。

その後、男の潮吹きとその方法を見つけました。
私は釘いるように見始めました。

まだ自分では初めての体験だし、
友人からあんな言葉を聞いたからには一度は体験したいと心に決めていました。

そこで、男の潮吹きの専門店がある事は知りました。

行きたい・・・
いきたい・・・
イきたい・・・

そして、休みの日に念願かなっていくことになりました。
私の足取りは軽く、その風俗店に一直線へ向かいました。
フロントで受付を済ませ、女性とのご対面をしました。
モデル系のスタイルに生唾を飲みました・・・

年齢が28歳くらいのお姉さま系で私のm心が刺激されてきました。
彼女のなすがままに、四つん這いになりました。
そしてそこから焦らしプレイの始まりでした。
私は気持ち良くてでもなかなかいかせてくれないプレイがもともと好きですが、
彼女のテクニックは最高で、何度もいきそうになりました・・・

そして、頃合いを見て激しくしてもらいいきました・・・
その後すぐにお風呂場に移動し、いよいよ男の潮吹きの時間がやって来ました。
私は無我夢中で彼女と風呂場へ行きました。

亀頭部分を丹念にこねくり回され、すこしムズムズするような感覚でした。
その後10分・・・20分・・・30分・・・
男の潮吹きには多くの時間を掛けると

アソコを気付付けてしまう恐れがあると聞いていたので、
今回はここで終了となりました。

残念ですが、清々しい気持ちになりました。
今までの風俗の中でも1番の充実感がありました。
また、挑戦したいと思います!