スマホ版に切り替え

HOME -> フェチ

私が栄のデリヘルを気に入っているのはフェチなプレイが出来るからです。 M性感マッサージのお店なんですが、フェチ的な要求にもかなり応えてくれるので気に入っています。 私は女性の足が好きな足フェチです。 足を使っていろんなプレイを楽しんでいます。


M性感なのでソフトSMの要素が入り、軽く目隠しされたり紐で縛られたりし、女性の足で体中をさすられたり、踏まれたりするのが大好きです。 足の裏で顔を踏まれるような形は一番好きで、その体勢のまま女性の足の裏を舐めたり臭ったりします。


普通のデリヘルならそうしたプレイは嫌がられますが、栄のM性感のデリヘルなら大丈夫です。 女性が嫌がればもちろんプレイは無理ですが、足好きの男性へのプレイで断るような女性はそのお店には居ません。 射精をする時も、女性に足コキをして貰いながら発射します。 生足の時も有りますし、パンストの時も有ります。 生足かパンストか、その女性を見て似合いそうな方でプレイします。

私は痴女が好きで、ガーターベルトフェチという性癖があります。 スレンダーで綺麗な女性が履いているのも興奮しますし、ポッチャリでムチムチな女性が履いていても興奮できる変態です。 栄に住んでいるのですが、私はもっぱらデリヘルで性欲を解消しています。 私の遊んでるお店は、痴女専門のお店で私としてはとても興奮してしまいます。


お店で働いてる女性は、みんな綺麗で足も細くとてもガーターベルトがお似合いです。 ガーターベルトと、網タイツそしてTバックなんて完璧なコスチュームで、そんな女性に責められたら私はプレイが始まってからずっと興奮はマックスでした。 マッサージをしてもらって、性感体を刺激されるだけで私のペニスから汁が垂れていました。


そしてプレイが進むと、足を上げられて恥ずかしい格好にされて、アナルをじっと見られます。 私のアナルは見られているだけで、ヒクヒクと小刻みに動いてしまいました。 そしてアナルの回りをマッサージして、筋肉を和らげ指を挿入されたのですが前立腺を刺激されると凄い気持ちがいいです。

誰しも人には言えない性的欲求があると思いますが、これを満たしたいと考えているなら風俗しかないでしょう。 私が遊んでいる栄のM性感は、お尻フェチを楽しみたいときには最適の風俗です。 M性感の魅力は女の子がエッチなところです。


フェチプレイ、特にお尻フェチの場合、女の子が恥ずかしがってプレイにならないことがたまにあります。 ですが、私が利用している栄のM性感は、痴女とでも言うべきスケベな女の子しか在籍していないので、誰を指名しても濃厚なお尻プレイが楽しめます。


私の一番のお気に入りは、お尻を使っての顔面騎乗です。 お尻の肉を感じながら、アナルを拝むことができる凄すぎるプレイです。 たまにアナルのニオイを嗅いだときに、女の子が見せる恥じらいの表情がそそります。 最後はローションをぬってのお尻マッサージです。 お尻を使って背中を刺激したり、ペニスをしごいてくれます。 刺激が緩やかなのでたくさん精液が溜まって、イクときには大変な気持ちよさです。

名古屋で一番の繁華街・栄では性風俗も活発でフェチなファンのハートを鷲掴みにしてくれます。 私は足フェチ、臭いフェチなのでどちらも満たしてくれる女性を希望とM性感風俗に電話しました。 さっそく派遣してくれた女性は年齢も30代前半と私好み、願望をたっぷり満たしてくれそうです。


まずは足を愛でることからスタートです。 ヒールを脱がしてしまうともったいない。 穿いたままで私の股間を踏んでもらいます。 次にストッキングのまま、最後は生足とだんだんヒートアップしていくのです。 足だけのプレイですが凄い快感で私の欲望を刺激してくれました。


次は臭いを嗅がせてもらう番です。 髪の毛、脇の下、太ももの付け根など鼻をくっつけて犬みたいに臭いを嗅ぎます。 このプレイはシャワーを浴びる前に行わないと意味がない上、女性の今日一番のお客さんでなければいけません。 女のフェロモンがムンムンするのがいい感じ、頭がクラクラするくらい興奮しますね。

名古屋には6つほどの風俗街があると言われています。 そのうち栄エリアのプリンセス大通りのあたりが、有名な風俗店があって賑わっています。 実はこのあたりには昔女子大があって、ここでもしかしたら女子大生が働いていたかもしれないと考えると、なぜか興奮してくるものですから不思議です。


もちろん、現在の女子大生たちのほうが風俗でたくさん働いています。 特に栄エリアは若い女の子がたくさん遊んでいるので、街ですれ違った可愛い女子大生が次の指名相手かもしれません。 フェチにも色々あると思いますが、学生フェチほど栄の風俗で楽しめるでしょう。


なぜなら現役の高校生が風俗で働くことはなくても、現役女子大生が風俗にいることは現代では当たり前のことだからです。 昼間は真面目な顔をして講義に出ている女子大生が、夜は見ず知らずの男と変態プレイをしている。 学生フェチにとって、栄のような学生がたくさん風俗で働いている街はたまりません。

顔面に女性のお尻を擦り付けてもらえる、栄のM性感風俗の顔面騎乗プレイを楽しんでいるのは、お尻フェチの男性ばかりというわけではありません。 女性の太ももを愛している男性にとっても、顔面騎乗プレイというのは性的興奮を高めやすいもので、このコースを定期的に利用している人も多いです。


お尻を顔面に乗せてもらう際に女性にリクエストをする事で、女性の太ももを顔面に擦り付けてもらうようなプレイに切り替えられるところが、とても好評となっています。 太もものムチムチとした感触が顔面に伝わってきて、お尻もセットで擦り付けてくれるからこそ、豪華なプレイを楽しんでいる気持ちになれるのです。


ムダ毛の処理なども丁寧な女性が多いので、太ももにもムダ毛など一切生えていなくて、スベスベとした感触が楽しみやすいところもオススメできます。 じっくりと太ももを眺めていても怒られませんし、ここまで太ももフェチにピッタリなプレイは中々ありません。

男性なら他人にいえないようなフェチズムがあると思いますが、そんな公言出来ないような性癖は愛知県の栄にある風俗店で欲求を解消しましょう。 彼女や妻に自分の性癖を知られると愛情が冷めてしまう事も考えられるため、パートナーにお願いをするのではなく風俗嬢にお願いをした方が良いです。


栄のフェチ専門店では溜まりきった性欲を気持ちよく発散することが出来ますし、風俗店では各種エッチなサービスを男性に対して提供をしてくれるのです。 十分お金を払う価値はあると思いますし、性欲は溜めっぱなしだと身体に悪いのでお店で上手に発散していきましょう。


愛知県の栄の風俗店ではM性感やその外の多彩なエッチサービスにより、変わった性癖がある男性を十分に満足させてくれます。 痴漢行為は電車の中で実行してしまったらアウトですが、フェチ専門店であれば問題はありませんので自分の願望を満たすことが出来ますし、現実では有り得ないようなシチュエーションも楽しめるでしょう。

僕は特に女性の足が大好きで、できればSな女の子にその綺麗な足で犯してほしいと考えていました。 そんな僕の理想のプレイができる風俗店はないかと思い、栄でフェチも叶えられるお店を探してみる事にしたのです。 どこか良いお店がないか見ていくと、女の子が責めてくれるソフトSMも体験できるところを見つける事ができました。


女の子もかわいいだけでなく、スタイルが良く足も綺麗な子ばかりだったので、このお店にしようと思いました。 まずは電話を掛けて、女の子に家まで来てもらう事にしたのです。 待っているとかわいい子が来てくれて、それだけでも気持ちが上がってきてしまいました。


女の子がまず僕の服を脱がせてくれて、マッサージから始めてくれたのです。 綺麗な足もしっかりと見せてくれて、Tバック姿でいやらしいポーズも見せてくれました。 顔面騎乗を行ったり、手足を縛ってのペニス責めまでされてしまうと我慢汁で溢れてしまったのです。 もうペニスを手コキされる頃には堪らず、すぐに射精をしてしまいました。

人間誰しも他人にはとても公言できないような、恥ずかしいフェチズムを1つや2つは必ずや持っているものです。 場合によってはソレをパートナーに知られてしまうと、一気に愛情が醒めてしまうかもしれないといった恐れがあるために、例え彼女や奥さんのいる男性であっても、その欲求を解消するのは非常に困難だったりします。


ただ溜めっぱなしはやっぱり体にとって良くありませんから、いかに隠れて上手に発散していくかがポイントとなってきます。 そういった際に頼りとなるのが、お金を支払う対価として在籍嬢が男性客が希望する各種エッチなサービスを提供してくれる風俗店です。


特に愛知県名古屋市中区にある栄界隈は、世の男性のマニアックな性癖を満足させてくれる、多彩なエッチなサービスを提供しているM性感店が数多く存在しています。 例えば痴漢行為というのは一般的に男性から女性に行うものといった認識がなされていますが、逆に女性からエロい事を一杯されたいというフェチ願望を満たす事も、当然十分可能です。

愛知県の名古屋市に仕事で行った時のことです。 数日間滞在して最後の日は早めに仕事が終わりました。 その日も宿泊して帰る予定だったのですが、最後に名古屋の風俗を利用してみたいと思い、携帯で検索してみました。 検索してわかったのですが、名古屋の風俗は美人が多いようです。 良い感じのデリヘルがあり、コンパニオンの中でフェチなプレイが可能な子を指名しました。 数分後にコンパニオンの女性が到着しました。 シャワーを浴びながらいろいろ話しかけてきます。 どんなプレイが好きなのかとか、女性の体のどの部分が好きだとかいろいろ聞かれました。 私は素直に答え、彼女は私に合ったフェチなプレイをしようと言ってくれました。


私は足の長い綺麗な女性が大好きです。 そのコンパニオンの女性は長身で足がかなり長かったので、足フェチ向けのプレイをすることにしました。 コンパニオンの女性もノリノリで足を差し出してきます。 私は興奮しながら彼女の足を舐め、最後は足コキで射精しました。 またいつかこんな興奮するプレイがしたいです。

私は足フェチです。 更に詳しく説明すれば、後ろから見る脚、それを見上げるような形で眺めた時の脚線美、筋肉の張り、そしてお尻との境部分が大好物で堪りません。 しかし、さすがにこんな光景をプライベートで拝める事は無いので、せめてもの慰みにと思い、名古屋にある性感風俗でスッキリしようと考えました。


この妥協した考えでの風俗利用が、まさか私のフェチを満たしてくれる事になるとは、全く想像もしていませんでした。 女性との初対面で、当然のように脚をチェック。 するとすらりと長い脚、適度に筋肉が付いており、それを覆う女性らしい肉付き具合も含めて最高の脚だったのです。


すっかり気分がよくなった私を更に楽しませてくれたのは、とっても気持ち良い性感マッサージと、最高の眺めである女性の脚線美でした。 スカートや網タイツを脱ぎ、下着姿になろうとする女性にそのままでいて欲しいとお願いし、まずはその眺めを堪能します。 そして頃合いを見計らって下着姿になってもらい、生脚を堪能しました。 しかも嬉しい事に、その理想の脚を私の体に巻きつけたり、足先で刺激を加えてくれたりと、それさえも刺激を与える武器として使ってくれました。 このように名古屋の性感風俗は、様々なフェチを満たすサービスをマッサージと合わせて行なってくれます。 私ももっと早くに知っていれば良かった、そう思うほど良い風俗ですので、皆さんも楽しんでみてください。

可愛い女の子とエッチなことをしながら一晩過ごしたい気分の時には、様々なプレイを楽しめる名古屋の性感マッサージがおすすめです。 日々の溜まった疲れをマッサージで取り除きながら、体中の性感帯をやらしい手つきで触ってくれます。 ただ触るだけのエッチなサービスではなく、マニアックなフェチプレイまで提供している風俗店になります。


オプションサービスとしては上半身のリップサービス、乳首責めがあります。 そして下半身の場合は睾丸マッサージやアナルマッサージを行い、最後には手こきによるフィニッシュも期待出来るでしょう。 下半身を責める時には、パンストを使ったプレイを行います。 男性にパンストを履かせて破いたり、その上からいじめたり、興奮が冷めない時間になりそうですね。


他には女装プレイがあり、興味がある男性は予約する際に依頼することが出来ます。 今まで誰にも言えなかった自分の性癖を、名古屋の風俗嬢がフェチプレイによって叶えてくれるでしょう。 自分を解放したい方は、名古屋にある出張型の性感マッサージがおすすめです。

最近、仕事で錦まで行くことがよくあります。 このあたりは風俗店も多いので、自分の趣味に合ったプレイができて本当に夜は楽しいです。 中でも先日見つけた脚フェチ専門店が私にとっては、現在最高に楽しく遊べるお店になっています。


というのも、私は逆さフェチなのです。 つまり、女性の下半身を下から見上げるのが大好きな変態です。 もちろん、現実世界でこれをやってしまってはダメですから、脚フェチ専門店に通うことになります。 しかも、このような専門店は脚のキレイな子が多いのが特長です。 長くてキレイな脚ほど、見上げたときの眺めがたまりません。


さらに、顔面を踏んでもらいながら見上げたときの眺めは、富士を下から見上げるときのような絶景だと思います。 もちろん、ずっと眺めているだけでは面白くありませんから、最終的には足コキで生かせてもらいます。 下から眺めながらシテもらうために、屈んだ状態のまま仰向けになるのが少し辛いですが、本当に最高なので我慢しています。

ヒトは誰しも、特殊な性癖を隠し持っています。 あまり公に喋らないだけで、基本的に男であれば、女性のパーツやスタイル、コスチュームに関して「フェチズム」を抱くものです。 今では少し言い方が変わって来ていて、世間では「●●萌え」等と、表現される事もあります。


「ニーソックスのふとももが最高」と話す男性もいれば、「メイド服の女性に奉仕されるのが、一番」と熱く語る人々もいらっしゃいます。 フェチズムは人それぞれ好みがあって当然です。 マイナーな「萌え」でも、一切困る事は無いでしょう。


幸い今では専門的なアダルト店が続々と各地に用意されています。 足による奉仕に特化した店舗もあれば、様々なコスチュームで、男性を接待してくれるお店も存在します。 なかなか実際の恋愛の中では体験出来ない、特殊なシチュエーションを味わうたいなら、繁華街に置かれた専門店を使いましょう。 スカトロやSM、淫語責めなど、少々アブノーマルなフェチズムも、プロの女性相手なら、問題なく楽しめます。

思春期の頃、姉の制服を着たり、下着を身に着けたりして興奮した記憶があります。 あのときの思いをもう一度味わいたくて、SMっぽい風俗店で女装プレイをしてみました。 お店の女の子に勧められて、彼女と同じミニスカ女子高生の格好をしてみると、スースーしたスカートの感覚になぜか興奮してしまいます。


気がついたら股間が盛り上がっていて、それを女の子に見つかって笑われてしまいましたが、その嘲られるような感じが不思議とたまらないのです。 そして、次の瞬間、まるで痴漢をされるかのように、スカートの中に手を突っ込まれ、ブラジャーを外され、乳首を舐め回され、強制的なレズプレイがはじまりました。


まるで襲われているような感覚に思わずアソコも興奮してしまい、パンツをはいたまま手コキであっという間にイってしまいました。 もちろん、一度イっただけで終わるはずもなく、時間内ずっと弄られまくりました。 風俗で女装をして、新しい自分を発見してしまうという喜びを味わえて良かったです。

「コスプレ」と呼ばれる趣味も、元々はアダルト系のサービスでした。 今では多種多様な性癖や特殊な趣味が、市民権を得始めています。 女装といった趣味も、ようやく世間的な理解を得つつあります。 ただ、なかなか一般女性の間で、それが認められるケースはまだ少なく、そういったプレイを楽しみたいなら、やはり専門店に行くのが一番です。


女装関連のグッズはネット通販サイトを通す事で、秘密裏に入手出来ます。 パンツやセクシーランジェリー、パッドや網タイツ、長い髪を演出出来るヘアーウィッグなども、ネットショッピングすれば、家族や友人にバレずに済みます。


また、女装姿でアダルト系サービスを受けられる専門店が今では充実しています。 スカート姿で美女から責められたい、と感じる男性は一度それを体験してみましょう。 美少女の服装で様々なプレイや責め、シチュエーションが楽しめる専門店なら、今まで自分自身が妄想していた、特殊な行為も味わえます。 女性用の下着はツルツルと肌触りが良く、そこをプロのスタッフに触ってもらえれば、快感は倍加する事、間違いなしです。

デリヘルなどでいろいろなオプションがありますが、最近はアブノーマル系が流行です。 女装プレイはその最たるもので、はまると大変興奮します。 なんといってもお客である男性が女役になるわけですから、いつもと違う感覚が味わえるのは間違いないでしょう。 女になりきってプレイに没頭すると、いつのまにか時間を忘れ、自分が男であることも忘れるのです。


ある意味究極の快感と呼ばれるのが、男でありながら女になりきれる女装プレイです。 女の子もそれにあわせてくれて、プレイ内容も全体的にソフトになってきます。 自分が女であると自覚した上でのプレイは、いつもの風俗遊びとはまた違った感覚をお客に与えてくれることでしょう。 それは、自分の中に眠る女性的な部分を呼び覚ますことになります。


あまりに女性になりきるプレイに慣れすぎると、日常生活でもそれが出てきてしまうようです。 何事もほどほどに楽しむのが正しい大人の生き方であり、風俗遊びについてもそれがあてはまるので、適度に楽しみましょう。

フェチズムと言うと、何だか特殊な性格に思ってしまいますが、 今風に言い換えれば、「萌え」です。 制服萌えやニーソックス萌え、 そういった感覚は男性であれば、一度や二度は確実に持つものでしょう。 何も恥ずかしい気持ちではなく、むしろ極めて正常な反応、 それがオトコのフェチズムです。


とは言っても、萌えの対象は人それぞれです。 コスプレや制服、パーツ萌えであれば、一般女性の理解も得られますが、 ピンポイントな腋フェチや女王様萌え、SMプレイ好きといった性癖は、 現実問題として、あまり理解されません。 そういった萌えるプレイを気兼ねなく、楽しみたいならやっぱり専門店がお得でしょう。


相手はプロのスタッフですから、一切の気遣いは必要ありません。 パーツ萌えやシチュエーション萌えの人々であれば、 それに特化したお店を選べば良いでしょう。 イメクラ、ストーリープレイ、 コスプレ専門店など、今では多種多彩な店舗があり、変わった性癖を、 簡単に解放し、満たすことが出来ます。

正常位や騎乗位といったスタイルで、普通のプレイを楽しむのも嬉しいモノですが、 男性側が頑張らないといけない部分も多く、大量の消耗が激しいのが難点です。 ところが手コキや口によるプレイでは、男性側が翻って受け身になれるので、 疲労感が強い時は、そういった行為を増やしたほうが満足出来ます。


最近ではアダルト系専門店も、独自性というものを重視しております。 いつものお店に向かうのも良いですが、チョット疲労感が強く、 スタミナを減らしたくない時は、手コキの専門店を利用してみましょう。 男性側は椅子やベッドに腰掛けるだけで、サービス中オーケーなので、 とにかくジックリと味わえるのがメリットです。


店舗によっては、単なる手コキだけではなく、 オプションでアダルトグッズをプラス出来るサービスがあります。 ローションやバイブレーターを追加すれば、より満足感が出ます。 また言葉責めや足コキといったプレイをリクエスト出来るコースもあり、 やや背徳的なエクスタシーを体験できます。

大人になってから、思わぬ性癖を見つけることがあります。 私の場合には、大人になってからレズビアンもののDVDを良く見るようになりました。 男女が絡むものも好きですが、これは幼少期の体験がそうしているものだと考えています。


小さいときに父親が隠し持っていたビデオを見たことがあります。 そのときには、ラベルもなにも貼っておらずなんのビデオかわかりませんでした。 完璧に興味本位で再生したビデオの中には、女の人同士が絡み合うシーンが繰り広げられていました。 そのときには、興奮した記憶しかなく、さまざまなビデオを再生していきました。


そして、それは大人になってからフェチへと変化していったのです。 男女の絡みもいいのですが、どうしても女同士の絡みのほうが興奮してしまう自分がいるのです。 男女にはない、いやらしさがそこには映し出されているのです。 また、いやらしいけれど、なぜか美しいというところに惹かれています。 できることなら、生で見てみたいものです。

突然ですがみなさんは顔面騎乗が好きですか?
一般的には女性が男性の顔面の上に、性器を押し付ける行為ですが、普通の女性ならなかなかできないことでしょう。
ですが風俗店ならそれが可能なのです。
しかも無料で体験できるところもあり、「名古屋痴女性感フェチ倶楽部」では、可愛らしい女性が男性の顔面の上に、イヤラシイランジェリーでのってくれます。
名古屋で顔面騎乗を体験するなら「名古屋痴女性感フェチ倶楽部」でしょう!すごく興奮するので、毎回やってもらう男性も多いのです。
風俗嬢の湿った性器、独特の匂いを間近で感じることができ、その温かさに思わず溺れたいと思ってしまう男性もいて、顔面騎乗とはとても奥の深いものだと思います。
女性もきっと日常ではありえない光景に、興奮していることでしょう。
男性の顔面の上に堂々と乗っている、それは女性にとって恥ずかしいことでもあります。
お互いに興奮し、独特な時間を過ごすことができるのが顔面騎乗なのです。

実は人には言えないようなフェチを持っている方もいますよね。


まだ、手や脚が好きな人なら言えますが、ツバが好きだったり、人とは違う特徴的なものが好きな場合には言いにくいものです。


本当は彼女とそういったプレイがしてみたいと考えていても、そのことを言ってしまったら嫌われてしまうのではないか・・・と不安に感じる方もいるでしょう。


そういったときには今の彼女や奥さんとムリにそういったプレイをする必要はありません。


名古屋にはそういった気持ちを叶えてくれるお店があります。


そこでおもいっきり自分の好きなフェチの部分を伝えて気持ちよくなってくるといいでしょう。


見た目は清純なのに、エッチになると痴女になる女の子や、おちゃめでかわいい女の子もいます。


自分の好みの女の子を探すこともできますし、十分に気持ちよくなることができるでしょう。


新人さんでもテクニックを持っている女の子も多く、その中に初々しさがあるので、気持ちよく感じることができます。


フェチを持っている方は是非通ってみてくださいね。

テレビなども見ていると、「私は◯◯フェチなんです」といったことをよく目にするのですが、人それぞれ必ずフェチというものはあるものなのでしょうか。

 

そんなことを疑問に思うようになったのもつい最近なのですが、私はよく色んな風俗店を利用させて頂いています。

 

名古屋の岡崎市に住んでいるのですが、この辺りにも色んな風俗店があって、◯◯フェチ専門店というお店もチラホラ目にします。

 

よく風俗遊びをする中で自分のフェチとなってしまった原因が、若干勃起不全ということなのです。

 

もちろんこんなことは周りの人には言えないですし、病院に行く勇気もなく、そんな中で風俗店を利用させて頂いていると、せっかく女性を呼んだのに最終的にはイカずに終わってしまうこともよくありました。

 

そんなことを思いながら色んなサイトを探していたのですが、気になるお店を発見しました。

 

それがm性感というお店なのですが、前立腺マッサージなどを主に行なっているお店みたいなのですが、この内容であれば私でも気持ちよさを感じれるかもと思い、早速利用することにしてみました。

 

前立腺マッサージだとアナルになりますので、若干勃起不全の私でも関係なく、逆に前立腺マッサージで興奮して、悩んでいた勃起不全も一瞬は治ったような感じがしました。

 

今回利用した時に感じることはできませんでしたが、何度か前立腺マッサージを行なっている間にドライオーガズムというものを体験できるみたいですので、私のようなフェチを持っている方は一度お試し頂いてはいかがでしょうか??

 

他にも岡崎市には色んなフェチ専門店があるみたいですし、普段は開放できないからこそ、こういったお店で楽しく遊べるというのもあると思いますので、私もこれからどんどん色んなお店にチャレンジしていきたいと思います。

私は名古屋の東新町に住んでいるのですが、たまにどうしても自分の中にあるフェチについて考えてしまう時があります。

 

友人などに相談をしていると、「フェチなんて誰にでもあるよ」とは言われるのですが、なかなか周りの人には自分の気になることは言えません。

 

もちろん彼女にも言えないですし、そういった部分で彼女とのエッチの時も満足できていない自分がいるのだと思います。

 

そんな事をよく考えてしまう時は、よく風俗店を利用させて頂いています。

私のフェチとは、笑ってしまうかもしれませんが、アナルフェチなのです。

 

テレビとかでもよく見るのですが、脚フェチだったり、臭いフェチだったり様々なフェチを持っていると言っている人もいますが、私は自分でも少し特殊なのではないかと思ってしまう時もあります。

 

風俗店だとアナルを専門的に責めてくれるようなお店がありますが、彼女には言ってしまうと引かれてしまうのではないかと思ってしまい、決して口には出せません。

 

東新町の風俗店を探して見れば意外とそういったフェチ専門店のお店は多いですし、もちろんその他にも様々なジャンルのお店があります。

 

風俗店だと普段彼女には言えないような事を、少し恥ずかしながらではありますが、しっかりと受け止めてプレイをしてくれますし、私がよく利用するお店は、なおさら痴女が勢揃いのお店になりますので、心置きなくいつも楽しく利用させて頂いています。

 

こういったお店が無くなってしまえば、私はどうにかなってしまうかもしれませんが、逆に最近ではそういったお店が人気急上昇しているみたいですので、心の中では安心しています(笑)

 

これからも周りの友達はもちろん、彼女にも私のフェチは言えないかもしれませんが、少し彼女には悪い気はしてしまいますが、心置きなく自分を開放して遊べる風俗店を利用させて頂きたいと思います。

名古屋の安城の自宅には僕のフェチコレクションとも言える、女性の体に関する様々なフェチ本があります!

 

私のフェチですか??ズバリ女性そのものです(笑)ってフェチなのか分かりませんが、フェチって年齢を重ねていくごとに変わっていくものなんですね!

 

最初は王道の乳フェチだったのですが、30代になった頃から脚フェチに変わり、40代の今ではプリッとしたお尻フェチになっていました!

 

ですので自宅にあるフェチ本もすごいコレクションになってしまっています。ここまで女性が好きな私は当然風俗遊びも大好きですよ!自宅にはコレクションがあるので遊ぶ時は外で遊んでいます。

 

やっぱり見られるのは少し恥ずかしいですからね(笑)けど遊ぶ字はフェチを最大限に引き出せる様に女性に少しお願いをしたりなんかもします。

 

これからまたフェチが変わるのかなぁ~何て考えると少し楽しい気もしますが、こんなに変わっていては本当にフェチと言えるのかが少し心配になってきますが、そこは気にせずにいく事にします。

 

いきなり話は変わるのですが、この間遊んだ風俗嬢が僕のドストライクのお尻をしていて最高に興奮しました!お尻の中にも、プリッとした大きめのお尻や桃の様な小さなお尻に弾力のありそうなもちもちのお尻など本当に形は様々です!

 

その中でもプリッとした大きめのお尻は最高に素敵です。

 

優しく包まれる様なお尻に触れた時は、本当に興奮を隠しきれませんからね(笑)

顔面騎乗もイイですよ!このまま窒息させて下さい!って感じになっていますからね…

 

何かフェチの話から大幅に脱線してしまった様な気もしますが…

皆さんは何フェチですか??これだけは譲れないポイントはありますか?

 

是非見つけてくださいね!

 

フェチはこだわればこだわる程、新たな自分を発見させてくれますよ♪

普段は店舗型ヘルスやデリヘルに通い詰めている私ですが、最近、どうにも風俗界がマンネリ化している感が否めません。

と、いうのも。比較的安めの、いわゆる大衆店価格のヘルスが流行っていますが、女の子のレベルも常に一定。安定しているというわけではなく、ヌクために可もなく不可もない、飛び抜けた子もいないような状況です。

何か新しい風俗店は無いかと地元一宮を中心にホームページを巡るとひときわ目を引くM性感とフェチ歓迎の広告記事を発見。

なるほど、確かにフェチ的なジャンルもあったかと詳しく調べると、なかなか刺激的な内容。ドライオーガズム、亀頭責め、聖水・・・SM?

でも性感店なので、叩いたりなんだりではなく、イメージプレイに近そう。

 

耳にしたことはあったのですがM性感店、ということで、自分自身どちらかと言えばM寄りではありましたが、今までこのジャンルには全く手を出してきませんでした。

ちょっとM寄り、というだけで専門的なM性感に行っていいものかどうか。

 

仕事中に後輩に聞くと、後輩も未経験ということで、二人揃って新規開拓!

 

最寄りのラブホテルから電話をし、初めてである旨を伝え、入門編にピッタリの女性を、と注文。

 

女性到着後、言うよりやってみようということで入門編がスタート。

ゆるくやっている、という割に、空気感や言葉のチョイスが開始と同時に既に痴女。

ああ、痴女ってこういうものだよね!とか一人で納得。

その後も女性優位に(だけどぞんざいに扱われる訳ではありません)進むその耽美な世界に陶酔しきり。

 

フェチズム、というジャンルの初挑戦にはちょっとヘビーな内容だったかもしれませんが、ありきたりな毎日がガラッと変わる刺激的な体験。

次回は実践編をお願いしようと思うのでした。

安城市で自分のフェチについて熱く語る男がいる。なんでもスパンキングが大好きらしい。スパンキングとは要はお尻叩き、お尻ペンペンのことである。なんでも小さな頃から、その自分のフェチ性に気付いたらしく、アニメなどでそういうシーンが出てきた時は、SEXのシーン以上に興奮を覚え、親がいたりなんかすると、別に普通なんだけれど、ソワソワしてしまっている自分がいたそうだ。なぜそこまで興奮してしまうのか、追求する心もあったがそれ以上に叩かれたいという思いが勝っていた。残念ながら実際に体験することがなく大人になり、やっと風俗というものに行く歳になったのだが、そんな彼が目をつけたのが一般的な風俗ヘルス店ではなく、ちょっとフェチなお店だ。もちろん一般的なお店でもお願いして、ペンペンしてもらったそうだが、どこか違うらしい。微妙なニュアンスを中々理解してもらえないらしい。まさにフェチである。名古屋には比較的そういうお店が多く、週末は決まって風俗に行くらしい。しかもペンペンされに。よくもまぁそんなことに2、3万円使えるなと思ってしまうが、彼はそのことに対しては一切の迷いがない。あまりにもまっすぐ過ぎて、勇ましく見えてしまう時もある。

そして最近になってやっと出会えることができたらしい。スパンキングのパートナーが。なんでも最近全国に出店しているフェチのお店らしいが、遂に名古屋にも出来たらしく、そんな情報を彼が見逃すはずもなく、お客様第一号!とまではいかないまでもそんな勢いで遊びにいったらしい。そこで身長が160センチ以上でグラマーな女性。SMクラブで働いた経験があるらしく、鞭などもカバンの中に忍ばせてあり、スパンキングが好きなことを伝えると、ニヤッと笑みを浮かべたそうで、その瞬間、ゾクッと何かを感じたらしい。それが恐怖感であったことは、プレイ終了後のお尻が証明している。見たくもないそんな彼のお尻の写メを見せられて、僕も納得した。

そこまでは僕にとってはどうでもよかったのだが、その後に出てきた彼の情報が僕のフェチ心を揺さぶるものだった。

出張で北は北海道、南は沖縄まで全国各地を駆け回っているのですが、先日名古屋の栄で素晴らしい体験をしてきました。

素晴らしい体験・・・それは・・・フェチズム。

栄でフェチズムの真髄に出会ったのです。

一般的に言うとフェチ=性的嗜好なんですかね?

確かにその要素って大きいと思います。

ガーター・ベルトが好きな男性とかもいますし、属性とかでもエロさを感じるなんて人もいますよね。

例えばちょっとお話ししたかもしれませんが、人妻が好きな人。

人妻フェチって人以外と多いんですよね。

風俗店とかでそういうコースやオプションが選べたりするのも最近多いですし、他にも大人な魅力たっぷりな熟女がイイ!なんて人もいますよね。

それ以外にもプレイで感じちゃう!なんて人いますよね。

言葉攻めされるのが好きな人や、フェラチオなんかをしてもらうのが好き!っていうのも立派なフェチじゃないでしょうか?

そもそも言葉の語源はてフェチズムからきてるんですよね?

例えばエロティックな下着を着用している女性を見ると興奮するとか、全裸に縄で縛られてる女性を見たら興奮するとか。

世界にはいろんなスタイルの「フェチ」があるみたいです。

例えば有名な作家さんなどでも「ゴシックアンドロリータ」コスプレファッションの子が好きだ。とか。

正確に言えば性的な興奮を感じないものはこの場合の「好き!」には当たらないそうなのですが、広い意味ではそれも含めてもいいんじゃないかな~?なんて私は思います。

栄でそんなフェチズムの真髄を味わえた私は、とっても幸せ者なのだと思います。

私が一番フェチを感じる女性の部位、それは・・・足首です。

美しい女性のキュッと締った足首を見ているだけで、頭がおかしくなってしまうほどに足首に性的魅力を感じてしまいます。

栄のとあるお店では、そんな私の願望をフルに叶えてくれました。

ありがたい限りでした。

錦三に暮らす僕のフェチ研究と題してフェチが何であるのか?について見解を述べていきたいと思います。

 

最近の日本においてのフェチは対象物に対して過度のこだわりがあるという解釈で良いのではないでしょうか?例えば、大好きな女の子の机の上に置いてあった体操着の匂いを嗅ぐとか小学生の時によくやっていた好きな女の子の縦笛を舐める等の行為はいかにもフェチという印象が強いですが、そのほかにもニーハイの『絶対領域』に興奮したり白いシャツからうっすら下着が透けて見えることに喜びを感じたりする男も多いのではないでしょうか?

 

このフェチについては男ばかりではなくてまたのワキの匂いが好きという女性もいますし、

肩幅の広さが好き・後女性に多いのが男性の声フェチなんてものも。

大抵は低い声にうっとりする女性は多いようです。これは男女問わずですが壁や黒板に過度な興奮を覚える人も多いようです。このようにフェチの対象となるものの範囲は非常に広い。

単純に「〇〇好き」と表現することと「〇〇フェチ」では、どこがどう違うのかピンとこない方もいらっしゃるでしょう。
フェチは、『こういう胸じゃなきゃだめ』『こういうお尻じゃなきゃだめ』という強いこだわりがあるケースのことを言います。『○○好き』は例えば『巨乳好きだけど微乳でもまぁいっか』と他のものに置き換えられる感情です。『〇〇好き』ではなく『〇〇フェチ』と表現することでより強いこだわりがあることが分かるでしょう。フェチと聞くとどこか危なげなニュアンスが漂いますが使いようによってはポジティブに印象づけられる言葉とも考えられそうです。

 

ちなみに日本人には男女それぞれどんなフェチが多いのか調べてみました。韓流ブームの影響で脚フェチ男性が増えているように感じます。韓流アイドルの美脚はメディアで話題になることも多い上ですし、公の場でも口にしやすいことも関係しているのでしょう。

 

そして脚フェチはバリエーションも豊富なんですよね。『ナマ足派』もいれば『パンスト派』もいますし、さらにパンストの中でも細分化されています。ベージュのパンスト派もいれば黒いパンストや網タイツ派もいます。フェチは何しろ細かい性格の方やこだわりに関わっているからでしょう。また女性で多いのはなんといっても声フェチですね。女性は視覚よりも脳で性的興奮を覚える生き物のようです。脳を刺激する『言葉』を発するのが『声』ですから、声フェチが多いのも頷けます。

 

カラオケで美声だったりすると急にモテたりするものです。フェチになるきっかけみたいなものはあるのかも調べてみました。

 


なんとなくフェチになることもありますが多くの場合は何らかのきっかけがあってフェチになります。例えば同棲を始めたばかりのカップルで彼女が脱衣カゴに放り込んでいた下着をたまたま手にとってしまったことで使用済み下着のフェチになったという話とか。
まさに新たな扉を開いてしまった瞬間かもしれませんね。

強いフェチを持つ人は気になる異性ができたときにそれが単なるフェチなのか好きという感情なのかがよくわからなくなってしまうことがあるようです。

 

ある女子高校生の恋愛事情を調査しているライターの方の話によると「私は背中フェチで、あの背中かっこいいなあと思った先輩に今片思いしています。

 

背中を見ているだけでうっとりしてしまって。

あの背中を後ろから抱きしめたいという衝動を抑えられないんです。

 

「恋愛感情とは違うとは思っているけども背中フェチから始まる恋ってあると思いますということです。そのうちその人の内面も好きになっちゃいます。」

 

と10代の女性は言っているようです。

 

大人になると恋愛でいろいろなことを考えてしまい頭でっかちになってしまいますが、フェチや本能に身を委ねて忘れかけた「好き=フェチ」という感情を思い出してみたら新鮮な感覚を楽しめるかもしれませんね。

 

熱田区に住んでいる私ですが、フェチって言葉に反応してしまうってことは理屈よりも本能で物事を判断しているのかもしれません。本当に深く考えても革フェチとかゴムフェチなんて何で?って感じですよね。

 

どうしても現代人は理屈っぽく考えるように学校で教わっていますので

本能や直感力が落ちてきているのでしょう。

 

アフリカの原住民の人には当然のように身についている感覚をフェチという言葉から

意識して取り戻せればいいと思います。風俗で遊ぶ場合を考えてみたら当然本能剥き出しで色々とルールの範囲内で女性に要求してみたらいかがでしょうか?

 

フェチ系の欲求には応えてくれる女性も実際多いです。

例えば脚フェチとか靴下を履かせたままで全裸になってという靴下フェチ等も有名ですよね。

熱田区にもフェチ専門店もありますので探してみてまた実態を報告します。

天白区在住の私。近所にフェチ店がなくて困っています。

何故、私がフェチ店にこだわるのか。

 

誰しもフェチというのは持っているはずです。

・女性の足にばかり目が行く。

・お尻にしか興味がない。

 

もっと、細かく分類されると思います。

・女性の穿く、ストッキングに興奮する

・女性の足のにおいに興奮する

 

Etc・・・。

 

自分の欲求を満たしてくれる、素晴らしいお店も多いですが、

男って見栄っ張りですよね・・・。

私も友人に行きつけのお店を紹介しましたが、行く前は行きづらいと言っていました。

その理由は『変態だと思われ、白い目で見られるんじゃないか』というのが大きかったようです。確かに分かります。

 

しかし、働く女性がわざわざそのお店を選ぶという事は、少なからずフェチズムを理解でるのです。そして女性は、その変態の部分を曝け出した方がやりやすいのです。

これは、足しげく通うお店のどの女性も言っておりました。

変態な男性ほど、やりやすいし楽しいとまで言っていました。

 

とある働いている女性曰く。

女性の囁く声が好きなお客さんがいたようで、何をするでもなく、

永遠と耳元で囁いていたそうです。

 

その他、女性のヒールで歩く音が好きな男性がおり、ずっと部屋を歩き回っていた事もあったようです。

 

こういう話を聞いていると自分のフェチなんて甘いように思えてきませんか?

 

となれば、後は自分の欲求をぶちまけるだけです。

 

ヘルスのような普通の風俗店では、それこそ白い目で見られる事も多いため、

私はフェチ店にこだわります。

白い目で見られなくても、フェチズムを理解していないため、こちらの要求が伝わりづらい事も多く、いちいち説明していると興覚めてしまいます。

 

より高い満足感を得るため、イメクラ・ストーリープレイのフェチ店をお勧めします。

私は名古屋に住む不動産業を営む45歳の独身男性だ。

資産もそこそこあり、いわゆる独身貴族と呼ばれるものだろう。こんな、私も言継楽しみしていることが有り、あるお店に足繁く通っている。

 

そこは昭和区にあるフェチのお店で、一般的にはM性感と呼ばれるお店になる。

そこは痴女と呼ばれる女性がおり、綺麗な足をした女性がいるので、お気に入りにしている。私は昭和区のフェチ王になってやろうかと思っている。

通いすぎて、お店の人には、すっかりと覚えられているくらいだ。

 

趣味やタイプなどもわかってくれているので、新しい痴女が入店すると、お知らせしてくれる。

 

タイプ的には、足が綺麗で前立腺マッサージが上手な女性が好きで、何よりエロい女性が大好物だ!特別M男という訳ではないが、たまの息抜きに責められるのが楽しくて仕方ない。

 

普段は部下たちを管理する立場にいるので、怒ったりする事が多くなっている。逆に痴女にいやらしい言葉で責められると、もういてもたってもいられなくなる。

 

一番はまっている理由としては、プライベートで性行為をしてもイク事がないのだ。それが、痴女にいやらしい言葉を言われながら、手コキをされるだけで、すぐにイッテしまう。

 

更には、前立腺マッサージでドライオーガズムもしてしまう程までなってしまった。

今まで色々な経験をしてきたつもりだが、ここまでの事はなかった。

ストレスを感じているのか、はけ口になっているのも正直なところだ(笑)

 

お尻に指や道具を入れて怖くないのかと思うかもしれないが、この気持ち良さを知ると、他の事なんて、気持ちいいとも思わなくなる。

だから、余計にプライベートがダメになるのだろうが・・・

 

いっそ一生独身で、この楽しみをずっと楽しんでいこうと思う。

フェチというと普通の方は、胸や足などの部位に性的興奮を覚える方が多いイメージですが私はシチュエーションフェチなんです。

 

みなさんは女性のある部分がこうじゃないと興奮できないとか、そもそも惹かれることがないと言う方が多いと思うんですけど、私はかなりのMな方ですので、普通のセックスでは満足できる事がなく、言葉攻めをひたすらして欲しいんです。

 

自分の姿を女性から思いっきり罵り続けられることで快感が高まってきますので、、そのへんの女性では満足できることがあまりないので、結局は風俗のお世話になってしまいます。

 

そうなってくると今までは、ソフトSMと言われるジャンルのお店によく行くのですが、そこまで行くとある程度のリクエストは可能ですが、女性の方が本気のS嬢だと自分が求めていないちょっと痛いことなどもやられちゃうんですよね。

 

自分痛いのは嫌いなんで、ほんとに嫌なんですけど、そこでほんとに痛がると、そのほんとに痛がる姿であちらが興奮してしまい、結構ハードになっていくこともしばしばありまして、なかなか難しいもんです。

 

今私は中村区内在住ですが、最近この中村区でもフェチのお店が増えてきまして、ジャンルはM性感というSMではない私の求めるソフトに性感を高めていき今はやりの、前立腺マッサージから、これを極めたドライオーガズムまで体験できるお店ですので楽しみです。

 

また嬢のレベルも高くいろいろなタイプの女性が選ぶことができしかも今まで私はハズレがありませんでしたよ!こういうお店って結構修正などがあってかなりの失敗を繰り返しながら、お気に入りをさがすんですが正直迷ってしまいます。

 

やっとここなら私の特殊な性癖をきっと満たしてくれること間違いなしのお店です。みなさんもいろいろなフェチがあると思いますが、きっとお気に入りのおみせがあるはずですので探してみてはいかがでしょうか?

ここ最近千種区 のM性感フェチのお店にハマっている、28歳会社員です。

 

今までは風俗なんて性欲を満たすだけ、高いお金を払ってまで...など偏見しかありませんでした。しかし、彼女と別れて半年たった頃に友人と合コンに行きましたが、期待外れに終わっちゃいとあるバーへ移動し友人と飲んでいた時、友人より唐突ですが今日は風俗に行こうと誘われました!

 

行く事には、風俗は嫌とか、満たされる訳ないとか拒否し続けましたが、友人の説得に首を下に振るしかなくなってしまいました。

 

自分自身、風俗店を利用するのが全くの初めてではありませんが、正直あまりいいイメージもありません。パネル指名をした女性が、写真と全く違うこと。

 

プライベートとの違いや格別な快感を覚えたりもしてません...そんな事を友人に話してみると、普通の風俗店ではなくて、とっておきの風俗店を教えるよ。と言われと、とあるお店のHPを見せてもらいました。

 

そこにはM性感という文字が書いてあり、自分は全く分からないので、友人に色々と聞くと、痴女と呼ばれる女性に色々とされ最終的には抜いてもらうお店、完全に受け身状態を楽しむ風俗店という事でした。とりあえず千種区のラブホテルへ移動し友人とっておきのM性感のフェチ要素たっぷりなお店を呼ぶ事に...M性感の事を何んとなくしか理解していないので...期待と不安が入り乱れてホテルで痴女と言われる女性を待っていました。

 

お部屋のチャイムが鳴ったので、痴女をお迎えに...想像とは全く異なる綺麗な女性が目の前に。自分の思っているイメージが全然違う少しパニック状態になりましたがそのまま自然な流れでプレイに突入しました。先ほどとは全くといっていいほど雰囲気が変わりエロい女性!これが痴女なんだ!おまけに受け身なんぞ...っと勝手に思っていましたが、今までに経験した事がないような快感を味わえました。それから時間があればネットで痴女探しをしております。

 

今M性感のフェチプレイを楽しんでおります。

フェチズムというのは最近ではよく耳にする機会が多くなっているように思います。

テレビや雑誌で○○フェチなど良く目に致しますし、合コンなどでも女性の口から、私においフェチなんで~なんて会話も、特別珍しくありません。

 

そんなフェチズムことフェチですが、ここ愛知においては少し独特のフェチがいるように思えるのです。愛知県民は自県のことが大好きで、他府県で住むことを考えることがないそうです。

 

またその傾向は愛知県の中でも特に名古屋市に在住される方が多いそうですが、そんな名古屋を愛する方々を私のなかでは、愛しの愛知フェチなんて皮肉と尊敬をこめて、そう呼ぶのです。

 

そんな名古屋を愛する方の中には、他県の事は全て認めない。

一番は愛知。一番は名古屋。といったかなり排他的な方もいらっしゃいます。

 

ただそういった自国愛といいますか、郷土愛に溢れている方も、最近では珍しく方々ですので、私からしても羨ましくも思います。またフェチといえば、どうしてもエッチな方向に進みがちの昨今ですが、そのフェチズムというのにも正直憧れてしまうのです。

 

匂いフェチや、おっぱいフェチ。

そんな何かひとつの部分だけに注視して、魅力を感じてしまう。

なんなら興奮を覚えてしまい、それなしでは語れない。

コスプレもフェチですね。

そんなふうにひとつのことに熱中することは素晴らしいことだと思うのです。

自分に置き換えてみると、そういった趣味や性癖、思考などは持ち合わせておりませんので、そこまで没頭できる何かを欲しいとすら思うのです。しかもその対象が自分の生まれ育った土地なんて、本当に素晴らしいと思います

 

。愛知だからこその愛知フェチ。あなたの近くにもいるのではないでしょうか。

私は、大須でフェチを満喫できる風俗店を探しています。

世の中には様々なフェチがあると思います。

例えば、おっぱいフェチ、脚フェチ、お尻フェチ、へそフェチなど人それそれのフェチが存在します。

 

みなさんは何フェチですか?

私を含め世の中の男性の大半はおっぱいフェチではないでしょうか?

 

たまに友人と風俗店に行く事があるのですが、遊ぶ女性を選ぶ際に各々のフェチをかいま見る事が出来ます。

 

お互いの女性を選ぶ際の譲れない部分がフェチに当たるのではないでしょうか?

 

先ほども言いましたが、私はおっぱいフェチです。

当然自分なりのこだわりもかなりあります。

大きさ、形など理想を求めればきりがないのですが…でも、大須のフェチ風俗店で気になるお店を見つけたんです。

 

まだそのお店を利用した事がないのですが、私の理想のおっぱいの持ち主がいます。

あくまで、お店のグラビアページしか確認していませんが、私的には確信してます。

皆様からすれば、おっぱいだけで選ぶの?と思われる方もいるでしょうが、恋愛をしに行くのではなく、理想のおっぱいを満喫したいんです。

 

ルックスは確かに良いにこしたことはありませんが、さほど重要では私の中ではありません。さっそくお店に電話をしてみたのですが…今日は予約で全て完売していました。やはり敵は多いみたいです。

 

最近の風俗店のHPは一昔前と違い良く出来ています。

様々な情報がギュっと詰め込まれていて見ているだけで十分楽しめるレベルです。

私の気になる女性の次の出勤予定が明日になっているので再度お店に電話を入れ、明日の予約はいつ取る事が出来るのかを聞いてみると、今取れるとの事でしたので、さっそくお願いをする事にしました。

 

電話を切ってから、明日がとてつもなく待ち遠しくなり興奮がおさまりません。

 

私は明日、大須のフェチ風俗店で理想を手に掴みます。

人には十人十色の性格があり、考え方がり、食べ物の好き嫌いがあったり、それが人個人を表す個性というものですよね。

 

でも、中には人には話せないような変った好みもありますよね。

俗にいう性的趣向やフェチとよばれるものです。

食べ物の好みの場合は、比較的簡単に欲求を満たすことができますよね。

しかし、性的趣向やフェチって、中々自分の欲求を満たすことってできないし、好みの女性にめぐり会えないし、仮にいたとしても、町で見かけるだけだったり、何の発展にも及ばなかったりしますよね。

でも、ついにそんなわがままな客を満足させるお店が名駅にできたんです。

日本に数ある風俗店で、これほどまでに客の趣向性やフェチにかなった女性を揃えてある風俗店は他にそうないのではと言っても過言ではないくらいなんです。

 

フェチや性的趣向性には色々と種類があると思うんですが、僕の場合は手フェチと足フェチに加え、言葉責めフェチの重複タイプなんですよ。

綺麗で端正な白く透き通った手足の女性から、時には優しく耳元で囁かれるように、時には声をあらげて雄々しく言葉責めをされたその時は、それはもう我慢できないほど感じてしまいましたね。

それにも増して、なんとそのプレイに興奮していたのは僕だけじゃなく、女性も本当に興奮していたんです。演技では出せない生でのあの快感は、今までに体験したことがありませんでした。

 

今までの僕の自分の性的趣向性やフェチって、普通の生活では触れることが少ない、もしくはゼロに近かったんですけど、その全てが叶ってしまう日がくるとは、それにも増して、何の恥ずかしさもなく堂々と自分の性的趣向性やフェチにかなったプレイができる日がくるとは夢にも思っていませんでした。今度は3Pで、同時に責められてきます。

僕は女性のオッパイの下乳とむぎゅってしたくなる軽く肉感のある二の腕に興奮します。

色白でモチモチしてそうなら尚更・・・オッパイが大きすぎるとちょっとあれですが、谷間より断然下乳がエロい!

そんな性癖の僕を満たしてくれるのはやはりm性感です。

 

コスプレや言葉責めはもちろん正直、全裸にあまり興奮しないので軽く着衣してくれている女性じゃないとダメなんです。でも硬そうなボディースーツ?ボンテージ?はいやだし、ワイヤーがっつり入ってるブラジャーでは下乳を感じれないのでこれも無理。外国人のビキニ写真みたいな揺れる感じで、下乳が軽くはみ出ていればグッドです。先日名古屋市に出来たフェチの風俗店に行ってきました。

 

これ系はちゃんと希望を言えるからいいですよね。

基本はボディタッチは出来ない店なんですが、どうしても確かめておきたい二の腕の柔らかさだけ先にチェックさせてもらいました。

 

いい柔らかさ!!これは下乳に期待出来ると思い、まずシャワーで体を洗ってもらい、プレイに入って頂きました。

 

その人ちゃんと三角ビキニを着れくれていていい塩梅に下乳がはみでていました。その後、このお姉さんにガンガン責められて、後ろから密着しながらそのオッパイを押し当ててくれたり理想的に責めてくれました。

 

そして終盤にさしかかり、僕にまたがってまるで騎乗位のような体制でテコキが始まりそうになり、お姉さんはブラを取ろうとしました。

 

もちろん僕は外さないでほしいとリクエスト、するとお姉さんは空気を読んでか、そのまま激しく僕の上で腰を振りながらプレイを続けてくれました。予想通り三角ビキニが上に上にあがっていきます。二の腕もぷるぷるしてます。「最高の眺めです。興奮します。行きます僕」そんな僕は変態なんでしょうか・・・でもこれがやめられません・・・

みなさんご自分が何フェチか知ってらっしゃいますか?

知ってらっしゃる方はどの瞬間で気づかれました?

 

私の場合はまさかの発見でしたよ…自分がそんな性癖があったなんて…嫁にも同僚にも言えません。

 

私のフェチは「痴女」に興奮するってこと。女性に弄られ責められるのがたまらなく興奮するんです。

 

過去に付き合った彼女、嫁とのセックスの時は私が責めるし、自分はSな人間だと思い今まで41年過ごしてきましたよ…

 

ちなみにSMみたいにビシバシ叩かれたり、ろうそくをたらされたりの痛い熱いは嫌いです。

 

きっかけは友人が間違えて名古屋の痴女フェチにかけちゃったことからなんですが、せっかく来た女の子に悪いので、そのまま待ち合わせをしてホテルに行って、女の子の言われるがままにしてみたんですよ。

 

じっとしてるなんてたいくつだな…って内心がっかりしながらね…

何がきっかけかははっきりわからないけど、ねっとり乳首を舐められて、じわじわ興奮してきて、まさかの顔面騎乗に一気に勃起。実は人生初めての顔面騎乗だったのでどうしていいのか…勃起した私を見て「へーSじゃないね」なんてニヤって目をそらさずに言うのがゾクゾクしました。

 

手枷をされて、もうイキそうなのにイカせてくれない…こんな経験はず恥ずかしいからなのかな?めっちゃでたんですよ!!!あと感覚もいままで感じた事ないような爽快感?もう頭真っ白でした。

 

女の子はアナルもいこうとしてたけど、ちょっとそこまでは勇気がなくて今回は断念。

たまたま初めてだから興奮しただけかもと、その後何回か行ってみたけど、やっぱり興奮したし、どんどんはまっていく自分がいるので、完璧にそっちの趣味があるんだと…

 

次回は前立腺マッサージをお願いしてみようと!どんどんはまていく自分がいるので、いつか嫁にばれないか心配…